posレジの回線

POSレジとは何?普通のレジと何が違う?

投稿日:

飲食店などのお店を経営する際、
売上金などお金の出入りを管理するのに「レジ」は欠かせません。

ただ最近はお金の出入りを管理するだけでなく、
「いつ」「何が」「いくつ」売れたかなど販売情報の集積もレジの役割となってきています。

販売情報の集積といった役割をレジに持たせるためには、
普通のレジではなく「POSレジ」と言われるものが必要となります。

お店を経営していたり、
これから開業しようと考えているとPOSレジという言葉はよく見聞きすると思います。

しかし実際にPOSレジとはどういったものなのか、
詳しくは分かっていないこともあるんじゃないでしょうか。

そこでPOSレジについて詳しく見ていくとともに、POSレジを使うメリットや
POSレジ導入で交付される補助金なども紹介したいと思います。

POSレジとは何?

POSレジの「POS」は「Point Of Sales」の略で、
日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。

簡単に言えば、お客さんとお店との間で行われた商品やサービスの購入に関して
お金のやり取りなどの情報を管理するシステムが搭載されているレジってことです。

もっと砕いて言うと、例えばあるお客さんが
100円のペットボトルの水を購入したとすると、
 ・販売した時間
 ・販売した商品と数量
 ・販売した商品の単価と販売金額
 ・支払い方法
などといった情報がレジはもちろん、レジとインターネット回線で繋がったパソコンにも
記録されていくシステムがPOSなんですね。

場合によっては、商品を購入したお客さんの性別や(外見から想像する)年齢層なども
記録する機能が付いていることもあります。

POSレジは、在庫管理にはもちろんのこと、人気商品や客層などの情報も
集積されるので今後の販売戦略を練るのにも役立ちますよ。

元々は各店舗の売り上げや在庫を本部が管理するのに、
大手のチェーン店でPOSレジが多く導入されていました。

しかし最近は店舗運営に役立つことに加えて、比較的安価に導入できるように
なったこともあって、個人経営のお店でもPOSレジを導入することが増えています。

普通のレジとPOSレジでは何が違う?

販売情報の集積だけなら、POSレジでなくても普通のレジでもできます。

ただ普通のレジはレジの中の記録装置に販売情報の集積されるだけで、
レジに記録されている情報を全てレシートにプリントアウトしないことには、
集積された情報を確認することができません。

しかも普通のレジでは1件ずつの精算がそのまま記録されているだけで、
商品ごとの販売数などを確認するには改めて計算し直す必要があります。

例えば10人が1人1本ずつ100円の水を購入したとすると、
普通のレジでは100円の水を1本販売した情報が10件記録されているだけです。

なので100円の水が何本売れたかを確認するには、レジを締めてレシートに情報を
プリントアウトした際に100円の水が売れた本数を数えないといけないわけです。

その点POSレジの場合は、100円の水を1本販売したのが10件あったということと
ともに、100円の水が全部で10本売れたことも記録されます。

さらにPOSレジに記録された情報は、インターネット回線で繋がっているパソコンと
共有されるので、レジを締めなくても販売情報を確認することができるんですね。

POSレジ導入にかかる費用は?

POSレジは今や、
商品やサービスを販売するお店には欠かせないものと言っても良いぐらいです。

ただこれから飲食店などのお店を開業する際には、
POSレジを導入するのにどれぐらいの費用がかかるのかが心配ですよね。

お店にPOSレジを導入するには
 ・POSレジを購入する
 ・POSレジをリースする
 ・POSレジアプリを利用する
の3つの方法があります。

まず購入する場合ですが、
POSレジの価格は搭載されている機能などによってピンからキリまでとなっています。

比較的シンプルな機能のPOSレジでも新品だと20万から30万円ぐらいしますし、
中にはPOSレジのシステムも含めて100万円以上かかるものもあります。

大手のチェーン店などで10台20台まとめて購入するなら1台当たりの単価も
安くなるでしょうが、1台だけ購入だと安くしてもらうのは難しいかもしれないですね。

次にPOSレジをリースする場合ですが、基本的な機能だけのシンプルなものであれば、
POSレジ本体にPOSレジのシステムも含めて月4,000~8,000円程度でリースできます。

「帳票出力」などのオプションが付けるとリース料が月10,000円を超えるなど、多少の
ランニングコストはかかりますが、初期費用は購入する場合より抑えられますね。

POSレジアプリは無料で使える!?

最後にPOSレジアプリを利用する場合ですが、アプリをインストールするタブレットが
必要なものの、アプリ自体は無料で使えるものもあります。

例えば「エアレジ」というアプリであれば、
 ・注文入力、会計
 ・レシート出力
 ・領収書発行
 ・キャッシュドロア連携
 ・オフライン機能
 ・バーコード読み取り
 ・顧客、売り上げの分析
 ・会計ソフト連携
 ・商品、在庫管理
 ・クレジットカード決済
といったPOSレジに必要な機能が全て無料で使えます。

サポートが電話とメールとチャットのみで、
スタッフが来てくれる訪問サポートが無いのがちょっと不安な点ではあります。

しかしPOSレジアプリでも、20万円30万円で購入したPOSレジや
月10,000円ほど払ってリースしたPOSレジと同じように使うことができますよ。

POSレジアプリ自体は無料で使えるんですが、
アプリをインストールするためのタブレットにキャッシュドロアや
レシートプリンタといった周辺機器は自分で調達しないといけません。

エアレジはiOS専用なので、iPad・キャッシュドロア・レシートプリンタを
新品で購入すると全部で10万円以上かかります。

POSレジを導入するメリット

飲食店などのお店にPOSレジを導入するメリットとしてまず挙げられるのが、
「業務の効率化」です。

先にも書いたように、普通のレジではその日に販売された商品やサービスが
個別に記録されているだけです。

なので、閉店後にレジを締める作業を行うには、レジに記録されている情報を
全てレシートにプリントアウトして計算しないといけないんですね。

お客さんの数が10人20人ならそれでも良いかもしれませんが、
100人を越えてくると合計金額を計算するだけでも気が遠くなってしまいます。

レジ内に残っている現金と合わないと何度も計算し直すことになりますし、
その上何が何個売れたかの仕分けもしないといけません。

それがPOSレジであれば、会計などでレジに入った金額とお釣りなどでレジから
出ていった金額は自動的に集計してくれています。

何が何個売れたかも集計してくれるので、レジを締める作業はレジに残っている現金と
POSレジに集計された金額を照合するだけで済みます。

ですからレジに記録された金額と残った現金が合わずに、
夜遅くまでレシートとにらめっこして計算し直すなんてことをしなくても良いんですね。

レジ1つでデータ収集と分析ができる

POSレジでは、何が何時に何個売れたかだけでなく、商品ごとの販売数や売り上げ、
時間ごとの販売数や売り上げといったデータも収集しています。

さらに、現金やクレジットカードといったお客さんが利用した支払い方法のデータも
収集されます。

販売数が分かれば在庫も分かりますから、
POSレジがあれば在庫管理まで自動的にできてしまうわけです。

加えてこうした販売情報にお客さんの性別や年齢層などを組み合わせることで、
時間や曜日ごとの客層を知ることもできます。

要するにPOSレジが1台あれば、これまで別途スタッフを雇ったり専門の業者に
頼まないとできなかったマーケティングまでできてしまうというわけです。

どこをターゲットにしてどういった商品を販売するのかといった今後のお店の方向性を
決めるのにも、POSレジは役立つんですね。

従業員による不正を防止できる

POSレジには、誰がいつ会計作業を行ったのかという使用記録も残ります。

ですから、不正なレジ操作を行ってレジから現金を抜き取るといったことが
POSレジではできません。

レジからお金を抜くのは立派な犯罪行為ですから、実際に勝手にキャッシュドロアを
開けて現金を持ち出すといったことはなかなか無いとは思います。

とは言え万が一にもそういった犯罪行為が行われたら、お店の信用問題になりますから、
POSレジを導入することで犯罪を抑制するととともにお店の信用を保つことも
できるんですね。

打ち間違いの防止

POSレジでは事前に商品やサービスごとに値段を設定しておくことができ、
画面内の商品名やサービス名をタッチするだけで会計作業ができるので、
打ち間違いの心配がほとんどありません。

また1つ1つの商品やサービスの値段を覚えておく必要がありませんから、
誰でも会計作業を行うことができます。

POSレジを導入することで、レジの打ち間違いが減ればお客さんからのクレームも
減りますし、会計時に新人のアルバイトしか手が空いてなくてもお客さんを待たせずに
済みますよ。

軽減税率対応のPOSレジは補助金の対象

2019年10月1日から消費税率が10%になり、
食料品などの生活必需品には軽減税率が適用されます。

食料品などの軽減税率が適用される商品を取り扱うお店では、
軽減税率に対応したPOSレジを導入しなければいけません。

とは言え、先に書いたようにPOSレジを購入するには10万円以上かかりますし、
リースするにしても月10,000円ぐらいはかかってしまいます。

売上の多くない個人経営のお店だと、
軽減税率に対応したPOSレジを導入する費用をどう工面するかが問題だったりします。

その辺りは一応政府も考えており、軽減税率に対応したPOSレジを導入する
中小企業や個人事業主には補助金が交付されることになっています。

POSレジ本体やキャッシュドロアなどの周辺機器は購入価格の最大4分の3が
補助されるので、30万円するPOSレジ一式なら実質8万円ほどで買えてしまいます。

ただし補助金が交付されるのは、
2019年9月30日までに軽減税率に対応したPOSレジを導入した場合のみです。

2019年10月1日以降に軽減税率に対応したPOSレジを導入しても、
補助金の対象とはなりません。

また2019年9月30日までに軽減税率に対応したPOSレジを導入していても、
お店の新規開業が2019年10月1日以降だと補助金は貰えません。

2019年10月以降に導入したPOSレジでも補助金は貰える

実際にPOSレジ本体や周辺機器の販売サイトを見ると分かりますが、
どこも軽減税率に対応したPOSレジは品薄状態となっています。

そのため、2019年9月30日までに軽減税率に対応したPOSレジの購入ないし
リースの契約を交わしたものの、POSレジが納入されるのが2019年10月1日以降に
なってしまうこともあるかもしれません。

このようにPOSレジを販売・リースする側の事情によって、軽減税率に対応した
POSレジの導入が2019年10月1日以降になる場合は補助金が貰えます。

ただし、購入やリースの契約が2019年9月30日までに交わされていないとダメですし、
補助金の申請期限である2019年12月16日までにPOSレジが導入されないと
いけませんよ。

レジアプリも補助金の対象

実は、エアレジなどのPOSレジアプリも軽減税率対策補助金の対象となっています。

アプリ自体の利用は無料ですが、アプリをインストールするタブレットや周辺機器である
キャッシュドロア・レシートプリンタなどを購入するのに費用がかかります。

このPOSレジアプリを使うためのタブレットや周辺機器の購入に対して、
補助金が出るようになっているんですね。

キャッシュドロアなどの周辺機器は購入金額の4分の3が補助されますが、
汎用機器であるタブレットは購入金額の2分の1補助です。

例えばエアレジを利用するのにiPadとキャッシュドロアとレシートプリンタを
購入すると10万円以上かかりますが、補助金が貰えれば半額の5万円ほどで
購入できることになるんですね。

ただしこれも基本的には2019年9月30日までに導入されている必要があり、
2019年10月1日以降の新規開業は補助金の対象になりません。


悪徳代理店に注意!

 


光回線は代理店の良し悪しで決まります。

 

たまにニュースでも見かけますが、悪徳な代理店は一定数存在します。
NTT側ももちろん注意していたり、時には代理店の営業権を剥奪する厳し対処をしています。

それでもなかなか消えないのですね。

なぜかというと、キャッシュバックに釣られるお客さんが後をたたないからです。

そのような悪徳代理店はキャッシュバックが高額で7万とか10万とか平気でいってきます。

でも実際話を聞いてみるとオプションが必要、最低でも5年契約など法外な要求をしてきます。

だからあなたは騙されないでください。
まともな商売をしている代理店であれば長年やってこれていますし、NTTから表彰されているこもあります。

キャッシュバックも2,3万が正規ですし、オプションもひかり電話くらいです。

あとはお客さんの必要に応じてという形で無理強いしません。

例えば
口座振替・請求書払いなどの支払い方法や、短期間の利用、個人で申し込んだほうがいいのか、法人名義の方が得なのか、色々と相談にものってくれます。

騙されないためにも優良代理店でぜひ契約してくださいね。

私もお世話になった代理店を参考までに載せておきます。


>>【優良代理店】店舗、個人事業主、法人向けでキャッシュバック有

気軽に申し込んでみると悪徳代理店との対応の差に驚かされました。
貴重な時間を無駄にしないためにも一度話を聞いてみることをおすすめします。

-posレジの回線

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2020 All Rights Reserved.