posレジ

エアレジは軽減税率対応で補助金も貰える

投稿日:

2019年10月、消費税が8%から10%に増税されるのに伴い、
食料品などを中心に日本で初めて軽減税率が導入されました。

同じお店に売っている商品でも軽減税率が適用されるものとされないものがあり、
惣菜や弁当などに至っては「どこで食べるか」で税率が変わってきます。

軽減税率は消費者にとっても分かりにくいものなんですが、
商品やサービスを提供するお店側にとっても面倒なんですよね。

軽減税率に対応した商品やサービスをしっかり把握しておかないといけませんし、
何より軽減税率に対応したレジを導入する必要があります。

アプリをインストールするだけでiPadやiPhoneがレジとして使え、
しかも基本的なレジ機能の利用だけなら無料なのが「エアレジ」です。

スーパーなどの大型店舗にあるレジスターに比べて安価に導入できるので、
実際に飲食店など個人経営のお店ではよく使われています。

大型店舗のレジは当然軽減税率に対応していますが、
無料で利用することもできるエアレジは軽減税率に対応しているのでしょうか?

エアレジは軽減税率に対応してる?

エアレジは本格的なレジ機能が使えるとは言え、所詮無料アプリですから、
軽減税率なんて複雑なことに対応していないと思われがちです。

消費増税が昨日今日決まったことなら対応していないことも十分に考えられますが、
何年も前に消費増税や軽減税率の導入は決まっていました。

なので無料アプリとは言え、エアレジは消費増税や軽減税率にしっかり対応しています。

エアレジは商品ごとに税率が設定できるようになっているので、「みりん」(10%)と
「みりん風調味料」(8%)のように税率が違う似た商品でも間違うことはありません。

また「テイクアウト」と「イートイン」が簡単に切り替えられるようになっており、
テイクアウトを行っている飲食店でもエアレジは使えますよ。

レシートにも消費税率が8%の商品と10%の商品が分かるように印字されるので、
お客さんにも分かりやすくなっているんですね。

さらにエアレジは税率ごとに売り上げを集計することもできますし、
将来また消費税率が変更されてもアプリをアップデートするだけで対応可能、
レジを買い替える必要がありません。

エアレジの軽減税率の設定方法

エアレジで軽減税率を設定する方法ですが、まず「ホーム」から「設定」、
「設定[消費税]」「消費税設定」へと進みます。

消費税設定画面が開いたら、エアレジに販売する商品を登録する際の初期税率を
 ・標準税率(10%)
 ・軽減税率(8%)
 ・注文時に選択
の中から選びます。

基本的にテイクアウト用の商品が無い飲食店や食品を扱わないお店の場合は
「標準税率」、テイクアウト商品が主な場合は「軽減税率」にしておくと便利です。

テイクアウト商品が主だけど店内にイートインコーナーを設けているとか、
ファストフード店のようにお客さんがテイクアウトもイートインも選べるようになっている
お店では「注文時に選択」にしておきましょう。

テイクアウト用の商品が無くても、酒類などを取り扱っている場合には商品ごとに消費税率を設定しておきたいですよね。

商品ごとに消費税率を設定する場合は、
「ホーム」→「商品」→「商品設定」→「消費税率改定の準備」へと進みます。

消費税率改定の準備画面では、
カテゴリごとに商品を絞り込んで表示させることができます。

なので商品登録の際にちゃんとカテゴリ分けをしておけば、
商品ごとに消費税率を設定する際に楽ですよ。

また消費税率を「注文時に選択する」を選んだ場合には、
消費税率を決めるタイミングも
 ・注文開始時
 ・軽減税率対象商品注文時
 ・選択しない
の3つから選べます。

ファストフード店のように注文開始時にテイクアウトかイートインを必ず確認するので
あれば「注文開始時」、一部テイクアウト可能な商品がある場合などは
「軽減税率対象商品注文時」にしておくと便利だと思います。

基本的にイートインで稀にテイクアウト、
反対に基本的にテイクアウトで稀にイートインというようなことがあるお店では
「選択しない」を選んでおけば、必要に応じて後から税率を変更することができます。

エアレジは商品ごとに内税と外税を設定することも可能

2019年9月までは軽減税率は導入されておらず消費税率は一律8%ですから、
全ての商品を内税設定にしておいても全く問題ありません。

しかし2019年10月からは軽減税率が導入され、商品によってはお客さん次第で
消費税率が8%と10%のどちらも適用される可能性があります。

エアレジでは、商品ごとに内税と外税を設定できるようにもなっています。

ですから酒類など税率が変わらないものは内税、テイクアウトとイートインで
税率が変わる商品は外税と分けて設定しておくこともできますよ。

本当に軽減税率に無関係ですか?

消費税増税はともかく、軽減税率については大手のスーパーやコンビニの問題で、
小さな個人商店には関係ないことだと思っていませんか?

軽減税率の対象となる食品などを取り扱っている限りは、
お店に規模に関係なく軽減税率に対応したレジを導入しなければいけません。

確定申告の際には売り上げに対する消費税の計算をしますし、
商品の仕入れにかかった消費税も計算する必要があります。

8%のものは8%で、10%のものは10%で計算しておかないと、
脱税や申告漏れで追徴課税を払うことになってしまいますよ。

「みりん」と「みりん風調味料」のように8%か10%か分かりにくい商品もありますし、
たとえお店で取り扱っている商品が少なくても全ての税率を頭に入れておくのは
大変です。
(特に軽減税率導入直後は)

8%の商品で10%の消費税を取るとお客さんからの信用を失いますし、
10%の商品を8%の消費税で売ったら2%分お店が肩代わりすることになります。

どちらにしてもお店にとってプラスにはなりませんから、取り扱っている商品の少ない
個人商店でもエアレジのような軽減税率に対応したレジを導入した方が良いですよ。

酒類を販売しないお店は軽減税率関係なし?

八百屋や青果店、鮮魚店などのように酒類を取り扱わない食料品店では、
全ての商品が軽減税率対象ですから、消費税率は一律8%のままです。

そうすると酒類を販売しない食料品店では、
これまで使っていたレジをそのまま使い続けても問題無さそうですよね。

確かに酒類を販売しない食料品店は、
お客さんに販売する商品については消費増税や軽減税率の影響を受けません。

ただ商品を包むラップであったり、商品を乗せるトレーあるいは商品をお客さんに
渡す際に使用するレジ袋などは軽減税率の対象ではないんですね。

レジ袋は単体で販売する可能性がありますが、商品を包装するラップやトレーなどは
基本的に商品価格に含まれるので単体で販売することはほぼありません。

しかし商品を仕入れる際には、
消費税率が8%の野菜や果物などと10%の包装材は別で計算する必要があります。

ですから軽減税率の対象となる商品しか取り扱っていない八百屋なども、
決して消費増税や軽減税率が無関係ではないんですね。

美容室やマッサージ店でも軽減税率が適用される?

食料品を一切販売しない美容室やマッサージ店などは、
軽減税率なんて関係ないと思いますよね。

確かに美容室やマッサージ店などで提供されるサービスや商品は、
軽減税率の対象ではないので、お客さんから貰う消費税は一律10%となります。

ところが美容室やマッサージ店などでは、
サービス提供までに発生した場合にお客さんにお茶などを提供することがありますよね。

美容室ではパーマやカラーリングなどが完了するまでの待ち時間に、
マッサージ店では施術後にお茶やお菓子を提供することもあると思います。

こうしたお客さんに提供するお茶やお菓子といった飲食物を
経費として計上する場合には、軽減税率の対象となります。

もちろん美容室やマッサージ店などでお客さんに軽減税率の対象商品を
販売することは無いですが、先の八百屋などと同様に仕入れの際に8%のものと
10%のものをしっかり分けておかないといけないわけです。

美容室などのお客さん相手の商売でなくても、お中元やお歳暮として取引先などに
送る酒類以外の食料品を購入する費用は軽減税率の対象となります。

このように食料品を一切取り扱わないお店や事務所では、
お客さんから貰う消費税に軽減税率は関係ないものの、
経費として計上するものには軽減税率は関係してくることがあるんですね。

エアレジも軽減税率対策補助金の対象

エアレジのアプリは無料で利用できますが、
エアレジを利用するのに必要はiPadの購入には当然お金がかかります。

iPadにエアレジのアプリを入れただけではレジとして十分な役割は果たせませんから、
 ・キャッシュドロア
 ・レシートプリンタ
といった周辺機器も購入することになります。

iPadだけでも40,000円前後はかかりますし、その上キャッシュドロアや
レシートプリンタなどの周辺機器も購入すると総額で10万円以上かかってしまいます。

飲食店などでは必要なものとは言え、
軽減税率に対応したレジを導入するのに10万円以上の出費は痛いですよね。

中小企業や個人商店のような小規模事業者が軽減税率に対応したレジを
導入した場合には、補助金が受けられるようになっています。

周辺機器であるキャッシュドロアやレシートプリンタはもちろん、エアレジのアプリを
入れるためのiPadも補助金の対象で、「軽減税率対策補助金事務局」に申請すれば
最大で購入価格の4分の3を補助してもらえます。

レジとなるiPadは半額補助、周辺機器は4分の3補助なので、
本来10万円以上かかる
 ・iPad
 ・キャッシュドロア
 ・レシートプリンタ
のセットを実質5万円以下で購入することができるんですね。

2019年10月以降にエアレジを導入しても軽減税率対策補助金は貰える?

エアレジも軽減税率対策補助金の対象なら、2019年10月以降に飲食店などを
開業する際にエアレジを導入しても補助金が貰えるのでしょうか?

軽減税率対策補助金の申請ができるのは、
基本的に2019年9月30日までに導入した機器だけです。

2019年9月30日までに導入したレジや周辺機器については、
2019年12月16日まで補助金の申請が可能となっています。

軽減税率に対応したレジや周辺機器を実際に導入するのが2019年10月以降でも、
契約が2019年9月以前であれば補助金の対象となります。

ただしお店の開業が2019年10月以降になる場合は、軽減税率に対応したレジや
周辺機器を2019年9月30日までに契約していても補助金は貰えません。

この補助金制度は、あくまで既に開業している中小規模の商店などがレジなどを
買い替える負担を軽くすることを目的としたものです。

これから開業する場合には、新規で軽減税率に対応したレジなどを
購入するだけですから、軽減税率対策補助金の対象にはならないんですね。


悪徳代理店に注意!

 


光回線は代理店の良し悪しで決まります。

 

たまにニュースでも見かけますが、悪徳な代理店は一定数存在します。
NTT側ももちろん注意していたり、時には代理店の営業権を剥奪する厳し対処をしています。

それでもなかなか消えないのですね。

なぜかというと、キャッシュバックに釣られるお客さんが後をたたないからです。

そのような悪徳代理店はキャッシュバックが高額で7万とか10万とか平気でいってきます。

でも実際話を聞いてみるとオプションが必要、最低でも5年契約など法外な要求をしてきます。

だからあなたは騙されないでください。
まともな商売をしている代理店であれば長年やってこれていますし、NTTから表彰されているこもあります。

キャッシュバックも2,3万が正規ですし、オプションもひかり電話くらいです。

あとはお客さんの必要に応じてという形で無理強いしません。

例えば
口座振替・請求書払いなどの支払い方法や、短期間の利用、個人で申し込んだほうがいいのか、法人名義の方が得なのか、色々と相談にものってくれます。

騙されないためにも優良代理店でぜひ契約してくださいね。

私もお世話になった代理店を参考までに載せておきます。


>>【優良代理店】店舗、個人事業主、法人向けでキャッシュバック有

気軽に申し込んでみると悪徳代理店との対応の差に驚かされました。
貴重な時間を無駄にしないためにも一度話を聞いてみることをおすすめします。

-posレジ

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2020 All Rights Reserved.