固定電話

固定電話の新規費用を安く設置するには

投稿日:

以前に比べて利用する機会が少なくなってはいるものの、
固定電話が必要となる場面はまだまだ少なくありません。

ただ、自宅や店舗に固定電話を設置したいんだけど、
新規費用が高いので二の足を踏んでいるケースも多いんじゃないでしょうか。

NTTのアナログ電話を新規で設置するとなると、
回線工事費も含めて数万円かかってしまいます。
(電話機の購入費用は別)

必要とは言えあまり利用頻度の高くない固定電話の設置に数万円もかかるとなると、
さすがに二の足を踏んでしまいますよね。

そこで、数万円もの新規費用をかけることなく固定電話を設置する方法を
いくつか紹介したいと思います。

固定電話を設置する際の新規費用を安くするには

30年ほど前までは数万円の新規費用を払ってNTTのアナログ電話を設置するしか、
自宅や店舗で固定電話を利用する方法がありませんでした。

しかし現在では、
NTTのアナログ電話以外にも固定電話サービスの選択肢がありますし、
NTTのアナログ電話も新規費用を抑えて設置することが可能となっています。

NTTのアナログ電話以外の固定電話サービスには多少デメリットがある反面、
基本料金や通話料が安いといったデメリットを上回るメリットもあります。

「ライトプラン」を利用する

NTTのアナログ電話には
 ・加入電話
 ・ライトプラン
という2つの料金プランがあり、
「ライトプラン」の方だと安い新規費用で固定電話を設置することができます。

通常の「加入電話」では、回線工事費や事務手数料とは別に、
36,000円の施設設置負担金を払うことになります。

それに加えて、
アナログ電話回線の開通工事に2,000~10,000円程度の開通工事費がかかります。

施設設置負担金を払うことで「電話加入権」が取得できるんですが、施設設置負担金が
アナログ電話を設置する際の新規費用が高くなる元凶となっています。

電話加入権が無いとNTTのアナログ電話を利用することはできないんですが、
ライトプランでは電話加入権を借りるんですね。

なので、高額な施設設置負担金を払って電話加入権を取得しなくても、
NTTのアナログ電話を設置することができるというわけです。
(アナログ電話回線の開通工事費は発生する)

正直なところ電話加入権を取得するメリットはほとんどありませんから、
新規費用を抑えたいのであればライトプランで電話加入権を借りて
アナログ電話を設置する方が良いと思います。

ライトプランは加入電話より基本料金が高い

電話加入権を借りているからと言って、ライトプランのサービス内容が電話加入権を
取得している加入電話より悪くなることはありません。

通話料は
 ・市内・・・8.5円(3分)
 ・県内市外・・・20~40円(3分)
 ・県外・・・20~80円(3分)
 ・スマホ、携帯電話・・・20~40円(1分)
で、加入電話でもライトプランでも同じです。

ただ、電話加入権のレンタル料代わりなのか、
ライトプランの基本料金は加入電話より若干高く設定されています。

加入電話の基本料金が
 ・事務用・・・2,300~2,500円
 ・住宅用・・・1,450~1,700円
なのに対して、ライトプランの基本料金は
 ・事務用・・・2,550~2,750円
 ・住宅用・・・1,700~1,950円
と月250円高くなっているんですね。

年間で3,000円の違いですから、NTTのアナログ電話を12年以上継続して利用すると
ライトプランの方が割高となってしまいます。

店舗や事務所だと12年以内に移転する可能性が高いですが、
自宅となると10年前後で引っ越すことは考えにくいですよね。

ですから自宅の場合は、ライトプランで新規費用を抑えるよりも、
高い新規費用を払って電話加入権を取得した方が結果的にはお得ということになります。

中古の電話加入権を購入する

解約などで不要になった電話加入権を売買している業者があり、
そういった業者から中古の電話加入権を購入することも可能です。

以前の電話加入権には1つの「財産」としての価値があったので、
中古でも数万円の値が付いていました。

しかし施設設置負担金が値下がりしたことに加えて、
先のライトプランで施設設置負担金無しでもアナログ電話が設置できるように
なったことで、電話加入権の価値は暴落しています。

ですから現状では、
中古の電話加入権は3,000~5,000円程度で購入することができるようになっています。

電話加入権はNTTのアナログ電話を使う「権利」ですから、
電化製品などのように中古だからと言って劣化や機能低下することはありません。

中古の電話加入権でも、普通に36,000円払って設置した場合と
同じ基本料金と通話料でNTTのアナログ電話を利用することができます。

「中古」という言葉に抵抗が無いのであれば、多少新規費用がかかるものの、
長い目で見ればライトプランよりお得だと思いますよ。

中古の電話加入権には「債務」が付いていることも

中には、電話加入権を担保にお金を借りたままやNTTに電話料金を払わず
滞納したままにも関わず電話加入権を売ってしまう場合があります。

こうした中古の電話加入権を購入すると、
その「債務」まで請け負うことになってしまいます。

「電気通信事業」や「古物商」の許可を得ているちゃんとした業者なら、
債務の付いた電話加入権を販売することはありませんし、そもそも買い取りません。

しかしいい加減な業者だと、債務付きであることを隠して電話加入権を売りつける
といったことが無いとは言えません。

またネットオークションなどでほとんどタダみたいな価格で販売されている電話加入権も、
債務が付いている可能性が高いので注意した方が良いですね。

ですから中古の電話加入権を購入する場合は、ネットオークションなどは利用せずに、
ちゃんとした業者を選ぶようにしましょう。

ソフトバンクの「おとくライン」を利用する

固定電話サービスはNTTだけが行っているわけではなく、
NTT以外の通信業者でも利用することができます。

ただ、以前はKDDIなども固定電話サービスを行っていたんですが、
現在ではソフトバンクの「おとくライン」ぐらいしか選択肢がありません。

おとくラインはいわゆる「直収電話」で、
NTTのアナログ電話回線を使ってソフトバンクが提供している固定電話サービスです。

フレッツ光の回線を借りている「光コラボ」や、大手携帯キャリアの回線を借りている
「格安SIM」と同じような仕組みだと考えると分かりやすいですね。

おとくラインは、開通工事費こそ7,000~12,000円程度とNTTのアナログ電話より
高めですが、設置するのに施設設置負担金は不要です。

なのでライトプランよりは新規費用がかかってしまうものの、
施設設置負担金が必要な加入電話よりは新規費用が安くて済みます。

おとくラインは新規費用が安いだけでなく、
基本料金と通話料もNTTのアナログ電話より安くなっています。

おとくラインの基本料金は
 ・事務用・・・2,050~2,350円
 ・住宅用・・・1,350~1,500円
で、NTTの加入電話よりも月100~250円ほど安いんですね。

さらに通話料も
 ・固定電話宛・・・一律3分7.9円
 ・スマホ、携帯電話宛・・・1分15.5~16円
で、特に遠距離電話と携帯電話宛が安くなっています。

NTTのアナログ電話からおとくラインに電話番号を引き継ぐことも可能ですし、
おとくラインで新規に発行してもらう場合でも「03」や「06」などの市外局番から始まる
電話番号となります。

工事費が若干割高なので新規費用の点ではライトプランより高くなりますが、
後の利用料金のことを考えるとおとくラインの方が文字通りお得ですね。

光回線のオプション「ひかり電話」を利用する

安い新規費用で固定電話を設置するという意味では、
これから紹介する「ひかり電話」が一番かもしれません。

ひかり電話はインターネット回線である光回線のオプションサービスで、
光回線を使った固定電話サービスです。

設置するのに当然施設設置負担金は不要ですし、
光回線と同時であれば開通工事費もかからないんですね。
(光回線と別の場合は1,000~4,500円程度の工事費が必要)

もちろん電話機は自分で用意しないといけませんが、
ひかり電話ならほとんど新規費用がかかりません。

基本料金も安く、光回線サービスによって多少違いはあるものの、
ナンバーディスプレイなどのオプションを付けなければ月500円程度です。

通話料も
 ・固定電話宛・・・一律3分8円程度
 ・スマホ、携帯電話宛・・・1分16~17.5円程度
でソフトバンクのおとくラインと同じぐらいとなっています。

おとくラインと同じで、
NTTのアナログ電話からひかり電話に電話番号を引き継ぐこともできますし、
新規で「03」などの市外局番から始まる電話番号を発行してもらうこともできます。

ただ光回線が無いとひかり電話は利用できないので、自宅や店舗で利用する
インターネット回線として光回線を考えていない場合はひかり電話は利用できません。

ひかり電話は停電時に利用できない

ひかり電話にも多少のデメリットがあり、
その1つが「停電時に利用できない」ということです。

NTTのアナログ電話やソフトバンクのおとくラインでは、
アナログ電話回線から電気の供給を受けています。

ですから電話回線が不通にならない限りは、
停電時でも電話をかけたり受けたりすることができるんですね。
(留守電など電話機の機能が使えなくなることはある)

しかしひかり電話は光回線から給電はされておらず、光回線の終端装置であるONUが
停電時には使えないので光回線自体が通信できなくなります。

2018年の北海道では地震、2019年の千葉県では台風によって発電所や送電線などが
損傷して、長期的で大規模な停電が発生しています。

こういう状況ではスマホや携帯電話も繋がりにくくなりますし、その上ひかり電話も
使えないとなると緊急時の通報や安否確認もままならなくなってしまいます。

ソフトバンクの「おうちのでんわ」を利用する

ソフトバンクには「おとくライン」とは別に、
「おうちのでんわ」という固定電話サービスもあります。

おとくラインはNTTの電話回線を使いますが、
おうちのでんわはソフトバンクの携帯電話回線を使うことになります。

「でんわユニット」という専用機器に電話機を接続することで、
固定電話の電話機でソフトバンクの携帯電話回線が使えるんですね。

おうちのでんわでは固定電話回線を使わないので、
回線工事は不要で工事費も発生しません。

でんわユニットの購入代金(15,500円)こそ必要なものの、月月割が受けられるので、
3年以上利用すれば実質無料となります。

当然施設設置負担金を払う必要もありませんから、おうちのでんわなら
ほとんど新規費用をかけずに固定電話を設置することができるんですね。

基本料金は、おうちのでんわ単独なら月980円、
ソフトバンクやワイモバイルのスマホとセットなら月500円となります。

通話料は
 ・固定電話宛・・・一律3分7.99円
 ・ワイモバイル、他社携帯電話宛・・・1分16円
で、
 ・ソフトバンクのスマホ、携帯電話(ホワイトコール24の申し込みが必要)
 ・おうちのでんわ
 ・ホワイト光電話
などへの発信なら通話料は無料です。

おうちのでんわは緊急通報時に注意が必要

おうちのでんわのデメリットとしては、
ひかり電話と同じように停電時には使えないということが挙げられます。

またソフトバンクの携帯電話回線を使いますから、そもそもソフトバンクの電波が
入りにくいエリアではかなり使い勝手が悪くなってしまいます。

それから、おうちのでんわでは警察や消防署などへの緊急通報も可能なんですが、
緊急通報時には注意が必要なんです。

おうちのでんわでは、NTTのアナログ電話から電話番号を引き継ぐことも可能ですし、
新規で「03」などの市外局番から始まる電話番号を発行してもらうこともできます。

固定電話やスマホなどに電話をかける場合、
相手方にはこうした通常の電話番号が通知されます。

ところが「110」や「119」などの緊急通報時には、相手方には「070」「080」「090」で始まる
緊急通報時の専用電話番号が通知されることになるんですね。

緊急通報では通知された電話番号から発信元の住所などが特定できるように
なっており、万一発信者が通話できない状態でも出動することができます。

ところがおうちのでんわからの発信では、おおよその発信元しか分からないので、
発信者が住所を伝えないと警察や消防は出動することができないわけです。

緊急通報を利用する機会は少ないだけに、こうしたことを覚えておかないと、
警察や消防に迅速に対応してもらうことができなくなってしまいます。

-固定電話

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.