固定電話

固定電話を安く設置するにはアナログ電話よりひかり電話?

投稿日:

あまり使う機会は多くないけど、
自宅には固定電話を設置しておきたいと考えている人も多いと思います。

と同時に、固定電話を設置する費用はできるだけ抑えたいとも思いますよね。

そこで固定電話を安く設置するにはどうすれば良いのか、さらに安く設置した
固定電話にデメリットは無いのかなどについて詳しく見ていきましょう。

固定電話を安く設置するには?

自宅などに固定電話を設置する場合、
通常はNTTのアナログ電話を利用することになります。

NTTでアナログ電話を設置するには、
まず「施設設置負担金」として36,000円を支払わないといけません。

この施設設置負担金を支払うことで、「電話加入権」を取得することができます。

今ほど固定電話サービスの選択肢が無かった頃は、
電話加入権を取得しないことには固定電話を利用することができませんでした。

また電話加入権には、
不要になったら高額で売却できる「財産」としての価値もあったんですね。

しかし現在では、後述する
 ・ライトプラン
 ・直収電話
 ・ひかり電話
など電話加入権無しでも利用できる固定電話サービスがあります。

また施設設置負担金が値下がりしたことで電話加入権の値段も暴落しており、
財産としての価値もほとんどありません。

なので、施設設置負担金プラス開通工事費で40,000円以上払ってまで
NTTのアナログ電話を設置するのはオススメできません。

NTTのアナログ電話を「ライトプラン」で利用する

NTTのアナログ電話の料金プランの1つである「ライトプラン」であれば、
施設設置負担金無しで固定電話を設置することができます。

ライトプランではNTTから電話加入権を借りる形になるため、
電話加入権取得のための施設設置負担金を払う必要が無いんですね。

施設設置負担金を払わないからと言って、
通話品質が悪くなったり通話料が高くなったりすることはありません。

ただ電話加入権有りのアナログ電話に比べると、
ライトプランでは開通工事費と基本料金が高くなってしまいます。

通常NTTのアナログ電話の新規開通工事費は
 ・基本工事費・・・派遣工事 4,500円~
            無派遣工事 1,000円
 ・屋内配線工事費・・・既存のものを利用 2,400円
               新設 4,800円
に「機器工事費」(機器によって料金が変わる)がプラスされるので、
安ければ3,000~4,000円程度、高くても10,000円強となります。

一方ライトプランの新規開通工事費は、
先の開通工事費に「交換機等工事費」の2,000円がプラスされます。

さらに基本料金も、電話加入権有りが
 ・住宅用・・・1,450~1,700円
 ・事務用・・・2,300~2,500円
なのに対して、ライトプランは
 ・住宅用・・・1,700~1,950円
 ・事務用・・・2,550~2,750円
と月250円ほど割高な設定となっています。

ライトプランだと固定電話を安く設置することはできますが、
ランニングコストを考えると長期的に利用する場合にはあまりお得とは言えませんね。

中古の電話加入権を購入する

財産としての価値はほとんど無くなったとは言っても、
現在でも電話加入権の売買を行っている業者はあります。

NTTで新たに電話加入権を取得すると36,000円かかりますが、
業者で中古の電話加入権を購入すれば3,000~5,000円程度で済みます。

電話加入権は文字通り「権利」ですから、
中古だからと言って劣化していたり機能が低下しているといったことはないんですね。

通常の開通工事費を払うことになりますが、基本料金は安いので、ライトプランを
利用するぐらいなら中古の電話加入権を購入した方がお得だと思います。

ただ電話加入権の前の所有者が開通工事費や利用料金を払っていない場合、
その電話加入権を購入した人に未払い金が引き継がれることになります。

ちゃんとした売買業者なら大丈夫ですが、いい加減な業者だと
未払い金がある電話加入権を売りつけられる恐れも十分にあります。

業者の良し悪しを見極める眼を持っていないと、中古の電話加入権を購入して
固定電話を安く設置するつもりが、かえって高くつくことになりかねませんよ。

直収電話を利用する

「直収電話」は、あまり聞き慣れないかもしれませんが、
NTT以外が提供している固定電話サービスのことです。

後述するひかり電話やIP電話なんかも、
広い意味では直収電話ということになるのかもしれませんね。

以前はKDDIの「メタルプラス」、平成電電の「CHOKKA」など直収電話にも選択肢が
ありましたが、現在ではソフトバンクの「おとくライン」ぐらいしか残っていません。

ソフトバンクのおとくラインはNTTからアナログ電話回線を借りて固定電話サービスを
提供しているので、スマホの「格安SIM」や光回線の「光コラボ」と同じようなものだと
考えると分かりやすいんじゃないでしょうか。

直収電話は回線を借りていると言ってもNTTのサービスではないので、設置するのに
当然電話加入権も必要なければ施設設置負担金を払う必要もありません。

新規で直収電話を開通する場合の工事費は
 ・標準工事費・・・6,000円
 ・交換機など工事費・・・1,000円
 ・屋内配線工事費・・・既存のものを利用 1,000円
               新設 4,800円
ですから、電話加入権有りのアナログ電話に比べると少し高いんですね。

ただ基本料金が月1,350~1,500円と、
電話加入権有りのアナログ電話よりも月100~150円ほど安くなっています。

設置時に施設設置負担金が不要なことを考え合わせると、
電話加入権有り無しに関わらず、NTTのアナログ電話を利用するよりお得ですね。

ひかり電話を利用する

今や自宅でインターネットが使えることが当たり前となっていることを考えると、
光回線のオプションであるひかり電話を使うのが、
固定電話の設置方法としては一番現実的かもしれません。

光回線と同時にひかり電話も開通するのであれば、
ひかり電話の開通工事費は発生しません。

先に光回線が開通しており、後からひかり電話を開通させる場合は
1,000~4,500円ほどの工事費が必要となります。

ひかり電話は、先の直収電話と同じでNTTの固定電話サービスではないので、
当然施設設置負担金を払う必要はありません。

光回線のオプションだけあって、
ひかり電話は月500円程度の基本料金で利用することができます。

NTTのアナログ電話や直収電話の設置費用について見てきましたが、
ひかり電話が設置にかかる費用とランニングコストの両面で断然お得ですね。

ただアナログ電話や直収電話はインターネット回線が無くても利用できますが、
ひかり電話は光回線が無いことには利用することができません。

ですからひかり電話を設置するのに、光回線の開通費用である20,000前後から
40,000円ほどが実質的にはかかることになります。

それでもランニングコストが桁違いに安いですから、長期的に利用することを考えると、
やっぱりひかり電話が一番お得なことに変わりないと思いますよ。

直収電話やひかり電話にデメリットは無いの?

固定電話を安く設置する方法として、ライトプランや中古の電話加入権を選んだ場合は
NTTのアナログ電話を利用することになるので、特に不便なことはありません。

しかし直収電話やひかり電話など、NTTのアナログ電話以外を選んだ場合には、
多少不便になることもあります。

例えば、
直収電話やひかり電話ではNTTのサービスダイヤルの一部などが利用できません。

NTTのサービスダイヤルでは
 ・114(お話し中調べ)
 ・136(ナンバーアナウンス)
 ・141(でんわばん、二重番号サービス)
 ・145、146(キャッチホン2)
 ・151、152(メンバーズネット)
 ・159(空いたらお知らせ159)
 ・161、162(ファクシミリ通信網)
 ・165(メール送受信)
などが直収電話やひかり電話では利用できません。

他にも「0170」で始まる「伝言ダイヤル」や「0180」で始まる「テレゴング、データドーム」、
「0910」で始まる「公専接続」なども繋がらないようになっています。

ただ直収電話やひかり電話で利用できない電話番号があると言っても、
いずれもほとんど使う機会の無いものばかりです。

緊急通報である「110」「118」「119」、番号案内の「104」、電報受付の「115」、
時報の「117」、天気予報の「177」などは使えるので、アナログ電話に比べて
極端に不便というわけでもありません。

ひかり電話は停電時に使えない

2018年には北海道で大地震によって、
2019年には千葉で台風によって大規模かつ長期間に渡る停電が発生しています。

停電時にはスマホや携帯電話の充電もできませんから、
安否確認や緊急時の連絡手段に事欠いてしまいます。

しかしNTTのアナログ電話やアナログ電話回線を使う直収電話は電話線で電気も
供給されているので、電話線が切断されていない限りは、停電時でも通話することが
可能です。

FAXや留守電など電話機の機能は使えなくなることもありますが、
電話をかけたり受けたりは停電時でもできるんですね。

ところが光回線を使うひかり電話は、光回線の終端装置であるONUが使えないので、
停電時には通話ができなくなってしまいます。

スマホや携帯電話だと先にも書いたように充電の問題がありますし、
特定のエリアで大勢の人が一斉に使用すると繋がりにくくなるという弱点もあります。

固定電話を安く設置するという点ではひかり電話が一番良いと思いますが、万一の
災害時のことを考えるとアナログ電話や直収電話の方が良いかもしれないですね。

直収電話やひかり電話では電話番号が変わる恐れあり

「MNP」で電話番号の持ち運びができるようになったので、
スマホや携帯電話のキャリア変更が手軽にできるようになりました。

しかし電話番号の持ち運びができなかった頃には、
電話番号が変わるのが嫌で同じキャリアのスマホや携帯電話を使い続けていた
という人も多いんじゃないでしょうか。

スマホや携帯電話の番号が変わるのでも面倒なんですから、
各種契約などに使っている固定電話の番号が変わるのはもっと面倒ですよね。

NTTのアナログ電話を利用している場合、
ひかり電話に切り替えてその後別のひかり電話に乗り換えたり
アナログ電話に戻したりしても電話番号が変わる心配はありません。

ところが直収電話やひかり電話の場合、ひかり電話に切り替えたり
別のひかり電話に乗り換えたりすることで電話番号が変わってしまう恐れがあります。

固定電話の電話番号はスマホや携帯電話と同じように、
「番号ポータビリティー」で持ち運びができるようになっています。

しかし番号ポータビリティーが利用できるのは「NTTがアナログ電話用に発行した
電話番号」を使っている場合のみです。

なので直収電話でNTT以外が発行したアナログ電話用番号を使っていたり、
ひかり電話でひかり電話用番号を使っていると、
番号ポータビリティーで電話番号を持ち運ぶことができないんですね。

今度さらにお得な固定電話サービスが登場する可能性は大いにありますから、
サービスを乗り換えると電話番号が変わってしまうのは決して小さくデメリットだと
思います。

-固定電話

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.