店舗のネット回線

フレッツ光は店舗のインターネット回線に最適?

投稿日:

パソコン・スマホ・タブレットといった通信機器だけでなく、テレビにゲーム機、最近は
照明器具や給湯器までインターネット回線に接続できるようになっていたりします。

今や自宅では無ければ不便というぐらいにインターネット回線が生活に
密着していますが、それは飲食店などの店舗も例外ではありません。

売り上げなど店舗の経営情報をクラウド上に保存したり、
POSレジを導入してレジ業務や売り上げの管理を簡素化したり、
お客さん用のWi-Fiを設置したりと店舗にもインターネット回線は欠かせないんですね。

とは言ってもインターネット回線には種類があり、店舗に導入するのには
どれが適しているのかよく分からないといったことがあると思います。

実は私も脱サラして飲食店を開業しましたが、その経験から言わせてもらうと
店舗に導入するインターネット回線は「フレッツ光」がオススメです。

ではフレッツ光は他のインターネット回線とどこが違うのか?
なぜ店舗用に向いているのか?などについて詳しく見ていきましょう。

フレッツ光は対応エリアが広い

店舗用のインターネット回線としてフレッツ光をオススメする第1の要素として、
「対応エリアの広さ」が挙げられます。

自宅にしろ店舗にしろインターネット回線を開通させる場合には、
まず「対応エリアの確認」から始めることになります。

使いたいと思っている回線があっても、
自宅や店舗がその回線の対応エリアに入っていなければどうしようもありません。

現在店舗用のインターネット回線として主流なのは「光回線」ですが、
フレッツ光以外の光回線は対応エリアが限られています。

例えば「auひかり」は、元々東京電力の「TEPCO光」だったということもあって、
関東を中心に東日本では広いエリアで使うことができます。

ところが西日本に行くとauひかりが使えない地域もちらほら見られ、
中部エリアや関西エリアではマンションなど集合住宅でないとauひかりが使えません。

最大通信速度2Gbpsを誇る「NURO光」はさらに対応エリアが狭く、
現状では関東・東海・関西の3エリアのみとなっています。

コミュファ光やeo光といった「電力会社系光回線」の対応エリアは親会社である
電力会社の管内だけで、そもそも電力会社系光回線が利用できるのは西日本のみです。

東京電力を筆頭に東日本の電力会社は、独自の光回線サービスを行っていません。

それに対してフレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本で別れてはいるものの、
ほぼ日本全国で利用できるようになっています。

ですからフレッツ光以外だと「使えるかどうか」から検討を始めないといけませんが、
フレッツ光であれば使えること前提で検討が始められるというわけです。

フレッツ光は開通が早い

光回線はスマホなどのモバイル回線やADSLに比べると開通に時間がかかると
言われますが、フレッツ光は比較的早く開通できます。

auひかりやNURO光、電力会社系光回線だと申し込んでから開通まで少なくとも
1か月以上、遅い場合には3か月ぐらいかかることもあります。

フレッツ光も場合によっては1か月以上かかることがありますが、
早ければ2週間で開通することができるんです。

通常光回線は、申し込みをすると回線事業者で申込者の住所登録、
プロバイダで申込者のユーザー登録が行われます。

その後工事業者と開通工事の日程調整を行い、
工事が実施されてようやく光回線が開通します。

フレッツ光は住所登録とユーザー登録に大体1週間、開通工事の日程調整から
実施まで大体1週間で、申し込んでから早ければ2週間で開通できるわけです。

ところがフレッツ光以外の光回線だと、住所登録・ユーザー登録と開通工事の
日程調整の間に工事可能かどうかの事前調査が行われます。

auひかりなどは、対応エリア内の電柱全てに自社の光ケーブルが
行き渡っているわけじゃありません。

なので対応エリア内の建物であっても、最寄りの電柱まで光ケーブルが来ていて
開通工事が可能かどうかの確認を事前にしなければいけないわけです。

この事前調査に大体2週間ぐらいかかるので、住所登録・ユーザー登録、開通の
日程調整から実施までの期間を合わせると早くても開通は1か月後になるんですね。

店舗を移転する際、フレッツ光以外だと面倒なことに?

飲食店などの店舗経営が軌道に乗ってきたら、規模の大きい物件やより立地条件の
良い物件に移転するといったこともあるかもしれません。

インターネット回線がフレッツ光以外だと、
店舗を移転する際にちょっと面倒なことになる恐れがあります。

先にも書いたようにフレッツ光は対応エリアがほぼ日本全国ですから、
目と鼻の先のような近場への移転でも、県を跨ぐような遠方への移転でも
引き続きフレッツ光を利用することができます。

ところがauひかりなどは対応エリアが限られており、
対応エリア内でも場所によっては開通工事ができず利用できないこともあります。

なので近場でも遠方でも移転に伴って、
光回線の乗り換えも必要になる可能性が高くなるんですね。

店舗の移転だけでも手続きだ何だで手間もお金もかかるのに、
光回線も乗り換えるとなるとさらに手間とお金がかかってしまいます。

固定電話としてひかり電話を使っている場合には、
光回線を乗り換えることで電話番号が変わってしまう恐れもありますよ。

フレッツ光はプロバイダが選べる

フレッツ光はプロバイダが別契約で、NURO光などプロバイダ一体型のサービスに
比べると料金が割高になると言われています。

確かにプロバイダによってはフレッツ光の料金が割高になることもありますが、
実はこの「プロバイダが別契約」というのがフレッツ光のメリットでもあるんです。

光回線の通信速度や安定性といった「通信の質」は回線に因るところが大きいと
思われがちですが、実際には回線と同じぐらいプロバイダに因るところも
大きくなっています。

なので同じ回線を使っていてもプロバイダが違うと、
通信速度や安定性が全然違うなんてこともあるわけです。

店舗で光回線を使っていて通信速度が遅くなったり不安定になったりすると、
業務に支障が出てしまいます。

お客さん用のWi-Fiを設置している場合には、
光回線の通信の質が悪いことがお店の良くない評判に繋がってしまいかねません。

プロバイダ一体型の光回線で通信の質が良くない場合には、
プロバイダだけ変えることはできないので、回線ごと乗り換えることになります。

回線ごと乗り換えるとなると手間もお金もかかりますし、
場合によってはお店で光回線が使えない期間ができてしまうことも考えられます。

その点フレッツ光であれば、
通信の質が良くない場合でもプロバイダを変更するだけで改善が期待できます。

プロバイダを変更するのに多少手数料はかかりますが
回線乗り換えにかかる費用に比べると安いですし、
何より店舗で光回線が使えない期間が生まれないのが良いですよね。

フレッツ光はひかり電話もお得

個人ではスマホ・携帯電話が主流となり、
固定電話を使っていない家庭も多くなってきています。

しかし飲食店などの店舗となると、
まだまだ固定電話が必要になる場面が少なくありません。

もちろんNTTのアナログ電話を利用しても良いですが、
どうせ光回線を引くのであればオプションとして「ひかり電話」を使うのがオススメです。

フレッツ光はひかり電話も他社よりお得なんですね。

アナログ電話は業務用だと基本料金だけで月2,500~2,700円ほどかかりますが、
フレッツ光のひかり電話なら基本料金は月500円です。

飲食店の場合、飲み物や食材を発注するのにFAXを利用することが多くなっています。

メールやインターネットで発注できる業者も増えているんですが、
FAXでしか発注を受け付けていない卸業者もまだまだ少なくありません。

自宅なら1つの電話回線で電話とFAXを使っても良いですが、
店舗だと電話とFAXが同時に使えないと不便なので回線を分けたいところです。

アナログ電話で電話とFAXの回線を分けるとなると2回線契約することになり、
単純に料金も2倍になってしまいます。

しかしフレッツ光のひかり電話なら、基本料金に月200円プラスするだけで2回線目が
使え、さらに月100円プラスすると2つ目の電話番号も使えるようになります。

要するに、フレッツ光のひかり電話だと電話とFAXで回線と電話番号を分けても
月800円で済むというわけです。

フレッツ光以外でも月500円前後でひかり電話が使えますが、
2つ目の回線・電話番号となるとフレッツ光よりも割高です。

例えばauひかりの場合、2つ目の回線・電話番号を使うには別途月450円の料金が
発生します。(「050」で始まる番号でも良いなら月150円で使える)

NURO光はひかり電話は基本的に1回線のみで、
2つ目の回線・電話番号を追加することができません。

auひかりのひかり電話で2回線目を使うにはもう1台ホームゲートウェイが必要

auひかりのひかり電話では2つ目の回線・電話番号を使うことができるんですが、
1台のホームゲートウェイに接続できる電話機は1台だけです。

なのでauひかりのひかり電話で2つ目の回線・電話番号を使う場合には、
2台ホームゲートウェイが必要となります。

ホームゲートウェイはauひかりからレンタルしてもらえますが、回線を分けるのに
必要な「スイッチングHUB」という機器は自分で用意しないといけません。

それに対してフレッツ光では、
1台のホームゲートウェイに2台の電話機を接続することができるようになっています。

なのでフレッツ光のひかり電話だと、2つ目の回線・電話番号を使うのに
配線がどうだとかスイッチングHUBが何だとかといった煩わしさがないんですね。

通信機器はフレッツ光を基準に作られている?

現状日本国内で利用されているビジネス用インターネット回線で、
NTTは90%以上のシェアを占めていると言われています。

1つには、光コラボレーションが開始されたことでNTTは個人用からビジネス用に
軸足を移したということがあります。

実際フレッツ光は
 ・SOHO、小規模事業者
 ・中堅、中小企業
 ・公共、文教、大企業
といったように事業者の規模ごとにサービスを提供しています。

他社もビジネス用サービスを提供していますが、
事業者の規模によってサービスを分けているところは少ないんじゃないでしょうか。

もう1つには、ビジネスで使う通信機器の多くがフレッツ光を基準として
作られているということが挙げられます。

飲食店の場合、キャッシュレス決済を行うのにクレジット決済端末などを導入しますが、
こういった端末がフレッツ光で使うことを前提に作られていたりします。

同じクレジット決済端末を導入するにしても、
フレッツ光ならトラブルが発生する心配が少なく安心して使えるというわけです。

このようにフレッツ光は他の光回線に比べて店舗で使うのに適しているので、
これから店舗を開業するのであればフレッツ光を導入するのがオススメなんですね。

-店舗のネット回線

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.