店舗のWIFI環境

docomoのWiFiは飲食店に導入できない?

投稿日:

今や飲食店などの比較的滞在時間の長い店舗では、
WiFiが使えるというのが当たり前となりつつあります。

グルメサイトでもWiFiの有無で検索できたりするので、飲食店もWiFiが使えないと
お客さんに選んでもらえない時代となってきているんですね。

コンビニやカフェなどの入り口の目立つところに、ドコモのキャラクター「ドコモダケ」を
あしらった「docomo WiFi」のステッカーが貼ってあるのを見かけることがあります。

これからお店でお客さん用のWiFiを導入するのに、
どうせならこのdocomo WiFiを使いたいと考えている場合もあるかもしれません。

しかし正直なところ、お客さん用のWiFiとしてお店で導入するには
docomo WiFiはあまり適しているとは言えないんです。

では飲食店のお客さん用としてdocomo WiFiが適していないのか、
さらに飲食店に適したWiFiについても詳しく見ていきましょう。

docomo WiFiはドコモユーザーしか使えない

飲食店には不特定多数のお客さんが来るので、
お店に導入するWiFiは誰でも使えるものにしないといけません。

ところがdocomo WiFiに限らず大手携帯キャリアが行っているWiFiサービスは、
基本的にそのキャリアのユーザーでないと利用できません。

しかもそのキャリアで回線契約しているスマホやタブレットでないと、
WiFiが使えなかったりもするんですね。

例えばdocomo WiFiであれば、ドコモユーザーがドコモで回線契約してるスマホや
タブレットを使って接続しないとdocomo WiFiが使えないということです。

ドコモショップのように、主にドコモユーザーを対象にサービスや品物を提供している
お店ならドコモユーザーしか使えないdocomo WiFiを設置しても良いと思います。

しかし一般の飲食店のようにどのスマホをキャリアを利用しているお客さんが来るか
分からないようなお店では、docomo WiFiなど特定のキャリアユーザーしか
使えないものは向いていないのではないでしょうか。

月額300円払えば回線契約無しの端末でもdocomo WiFiが使えるが・・・

先にドコモと回線契約している端末でないとdocomo WiFiが使えないというようなことを
書きました。

auやソフトバンクが提供しているWiFiサービスではそうなんですが、厳密に言うと
docomo WiFiはドコモとの回線契約の無い端末でも使うことはできます。

「月額300円プラン」に別途申し込みをして月300円の料金を払うことで、
ドコモとの回線契約が無いスマホやタブレット、ノートパソコンでもdocomo WiFiが
使えるようになります。

ポケットWiFiを契約するより料金が安いですし、外回りでタブレットPCや
ノートパソコンを使って仕事をしているといった場合には良いかもしれませんね。

ただ月額300円で回線契約の無い端末でもdocomo WiFiが使えるものの、
その契約者自体はドコモユーザーでないといけません。

要するにドコモユーザーがオプションとして月額300円プランに加入すれば、
ドコモとの回線契約が無い端末でもdocomo WiFiが使えるということです。

ドコモと契約していないauやソフトバンク、格安SIMのユーザーは月額300円プランに
加入することができないので、ドコモユーザー以外はdocomo WiFiが使えないんですね。

個人経営の飲食店にdocomo WiFiは導入できない?

飲食店がお客さん用に導入するWiFiとしてdocomo WiFiが向いていない以前に、
個人で経営している飲食店にdocomo WiFiは導入できない可能性が高いです。

ドコモの公式サイトにdocomo WiFiが利用できる施設や店舗が
掲載されているんですが、飲食店は
 ・ケンタッキーフライドチキン
 ・ロッテリア
 ・マクドナルド
 ・デニーズ
 ・ファーストキッチン
 ・スターバックス
 ・タリーズコーヒー
 ・プロント
など大手チェーンが名を連ねています。

飲食店以外を見ても
 ・セブンイレブン
 ・ローソン
 ・ファミリーマート
といった大手コンビニチェーンや
 ・恵比寿ガーデンプレイス
 ・東京ミッドタウン
 ・ラクーア
などの大型商業施設、
 ・大阪国際会議場
 ・羽田空港
 ・東京メトロ
といった公共施設ばかりとなっています。

docomo WiFiを導入する店舗の申し込みを受け付けているといった文言も
見当たらないですし、これから新規で個人経営の飲食店にdocomo WiFiを
導入するのは難しいのではないでしょうか。

飲食店にオススメなWiFiは?

飲食店などの店舗に導入するWiFiを提供するサービスがいくつかあるんですが、
その中でも特にオススメなのは
 ・ギガらくWi-Fi
 ・FREESPOT
の2つです。

まず「ギガらくWi-Fi」ですが、これはNTT東日本がフレッツ光ユーザー向けに
提供しているサービスです。

NTT東日本のサービスなので元々はNTT東日本管内でしか利用できませんでしたが、
現在はNTT西日本管内でも使えるようになっています。

初期設定済の専用機器をフレッツ光のONUにLANケーブルを使って接続するだけ、
自分で機器を設置すれば初期費用無しで導入可能です。

もちろん業者に機器の設置を依頼することも可能で、
その場合は10,000円ほどの初期費用がかかってしまいます。

ギガらくWi-Fiの利用料金は
 ・ベーシック・・・2,980円
 ・ハイエンド・・・2年契約 4,480円
           5年契約 3,300円
 ・ハイエンドEx・・・2年契約 8,500円
             5年契約 5,500円
となっています。

ベーシックプランはSOHO向け、
ハイエンドExプランは屋外での利用も視野に入れたプランだったりするので、
飲食店に導入する場合はハイエンドプランを利用することになると思います。

月500円ぐらいで使えるサービスもある中で、
ギガらくWi-Fiの2,980~8,500円というのは少し高めですね。

料金が高い分、機能は充実

ギガらくWi-Fiはちょっと料金が高めではあるんですが、
その分使える機能が充実しています。

飲食店などでWiFiを導入する際に重要なのが、
店舗用とお客さん用で回線を分けることです。

店舗用の回線には、売り上げなどの店舗情報が入力されているパソコン、
POSを導入している場合はこちらも売り上げ情報が保存されているレジなどが
接続されています。

店舗用とお客さん用が同じ回線だと、お客さんがWiFiを通して店舗のパソコンやレジに
侵入することも可能となってしまいます。
(かなり専門的な知識が必要ですが)

ギガらくWi-Fiでは、1つの回線でも店舗側が使うWiFiとお客さんが使うWiFiを
分けることができるようになっています。

要するに、お客さん用のWiFiに接続した機器から店舗用のWiFiに接続した機器に
アクセスすることができないというわけです。
(もちろん逆もできない)

またお客さんがWiFiを利用することで
 ・時間ごとの来店者数
 ・来店者ごとの滞在時間
 ・来店者の訪問頻度
などの情報が集積されていきます。

お客さんの多い時間帯や回転率、リピート率などの情報が、
ギガらくWi-Fiを導入するだけで集められるんですね。

お客さんがWiFiに接続して最初に表示されるページを指定することもできるので、
お店のホームページに誘導してアクセス数を増やすことも可能です。

WiFiに接続する際の認証もFacebookやTwitterなどのSNSアカウントで行えますし、
Facebookにログインしている端末なら認証無しでWiFiに接続できます。

このようにギガらくWi-Fiは使える機能が充実していますから、
料金は高めでも十分に利用する価値がありますよね。

「FREESPOT」は利用料無料!?

ギガらくWi-FiはNTT東日本のサービスなので、
お店のインターネット回線がフレッツ光でないと利用することができません。

お店のインターネット回線がフレッツ光以外の
 ・光コラボレーション
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
の場合は「FREESPOT」がオススメです。

FREESPOTは、
家庭用WiFiルーターでもよく知られているバッファローが提供するサービスです。

基本的にはバッファローが販売するFREESPOT機器を購入して、
自分で設置することになります。

自分で設置するので設置費用はかかりませんが、
機器の購入代金が23,800円もしくは39,800円かかります。

機器を購入・設置するだけで使えますから、
基本的にFREESPOTの利用自体には料金が発生しません。

もちろんFREESPOTを使うためのインターネット回線には料金がかかりますし、
先に書いたように機器を購入するのにもお金がかかります。

しかしFREESPOTの利用だけで見ると無料なんですね。

ただ定期的な保守点検が受けられるオプションサービスが用意されており、
サービス内容によって1,500~25,000円の料金が発生します。
(月額料金ではなく一括料金)

無料でも機能はしっかり

有料のギガらくWi-Fiほどではないものの、
無料のFREESPOTでもそれなりに機能は充実しています。

店舗用とお客さん用でWiFiを分けられるのはもちろん、
 ・メール
 ・SNSアカウント
による認証方式にも対応しています。

さらに認証画面は
 ・日本語
 ・英語
 ・中国語繁体
 ・中国語簡体
 ・韓国語
に対応しているので、外国人観光客の多い飲食店にはもってこいなんですね。

FREESPOTへの接続時に指定のサイトに誘導することもできますし、
曜日と時間を設定して自動的にWiFiがONOFFできる機能も搭載されています。

なのでお店の営業時間内だけWiFiを使えるようにして、
定休日や営業時間外にWiFiにタダ乗りされないようにできますよ。

別途料金(年5,000円)が必要ですが、
 ・フィッシング詐欺
 ・ウィルス配布
 ・麻薬売買など違法行為を行うサイト
など有害サイトへのアクセスを制限することもできます。

飲食店のように滞在時間が比較的長いお店の場合、
待ち時間を潰すのに色んなリンクにアクセスしてしまいがちです。

間違って有害サイトにアクセスしてトラブルに巻き込まれるのを防いでくれるのは、
WiFiを利用するお客さん側としてはありがたいですね。

また別売りにソフトを使えば、FREESPOTの
 ・利用者数
 ・延べ利用者数
 ・延べ利用回数
をカウントして集計することも可能です。

このようにFREESPOTは無料で利用できますが、
機能としては無料とは思えないほど充実しています。

個人的にはお店の回線がフレッツ光ならギガらくWi-Fiがオススメですが、
フレッツ光じゃない場合はFREESPOTがオススメですね。

-店舗のWIFI環境

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.