posレジの回線

POSレジには独立した通信回線が必要?

投稿日:

これから飲食店や雑貨店などの店舗を開業するのに際して、
「POSレジ」を導入しようと考えている場合も多いと思います。

POSレジで会計を行うことでその会計情報がクラウド上に保存・集積されていくんですが、
POSレジの利用には当然インターネット回線が必要となります。

今やインターネット回線は生活インフラであり、
店舗運営にも欠かせないものとなっています。

また飲食店などお客さんの滞在時間が長めの店舗では、お客さん用のWi-Fiが
利用できるかできないかが店舗の売上に影響を及ぼすこともあります。

なので店舗でインターネット回線が使えない方が珍しいんですが、
実はPOSレジを導入するのであれば従業員やお客さんが使うものとは
別にインターネット回線を用意した方が良いんです。

ではなぜPOSレジ用として別にインターネット回線を用意した方が良いのか、さらには
飲食店などの店舗でPOSレジを導入するメリットについても説明していきましょう。

POSレジは大量のデータ通信量を消費する

POSレジで会計を行うと、
その情報はインターネット回線を通じてクラウド上に送られて保存・集積されていきます。

たとえ1品だけの会計でも、
 ・価格
 ・個数
 ・日時
 ・お客さんが払った金額
 ・お釣り
などの情報がクラウド上に送られることになります。

そのためPOSレジでは大量のデータ通信量が使われるので、
店舗やお客さん用のWi-Fiなどとインターネット回線を共有していると
通信速度が極端に遅くなってしまう恐れがあるんです。

スマホや光回線などで、1人のヘビーユーザーが大量のデータ通信量を使うことで、
その周辺地域で同じ回線を使っているユーザーの通信速度が極端に遅くなります。

それと同じことがPOSレジを使う店舗内でも起こってしまうというわけです。

通信速度が遅くなると注文ミスが発生する?

飲食店で店舗のインターネット回線の通信速度が極端に遅くなると、
お客さんからの注文を受ける際にミスが生じてしまいます。

現在でも個人経営の喫茶店などは手書きで注文を受けている場合がありますが、
「ハンディ」と言われる端末を使って注文を受けることが普通となってきています。

回転寿司店や食べ放題の焼肉店などでは、
さらに進んだ「テーブルトップオーダー」というシステムが導入されていることもあります。

テーブルにあるタブレットなどの液晶画面をタッチして注文するアレです。

ハンディやテーブルトップオーダーだと書き間違いや注文漏れの心配が少なく、
ホール係がお客さんから注文を取る際のトラブルを防ぐことができます。

さらにテーブルトップオーダーは、テーブルまで注文を受けに行くことすら不要ですから、
ホール係の数が減らせて経費削減にも繋がります。

それだけでなく、どのテーブルでどんなメニューが注文されたかというハンディや
テーブルトップオーダーで入力された情報が厨房やレジにも送られます。

これによってホール係から厨房への伝達漏れを防ぐことができるとともに、注文された
メニューがお客さんに提供されるまでの時間を大幅に短縮することができます。

さらにレジにも注文情報が送られていますから、
会計の際にも時間をかけずに済むわけです。

このハンディやテーブルトップオーダーから厨房やレジに注文情報を送るのも
インターネット回線を使いますが、POSレジと回線を共有することで通信速度が落ちると
ハンディなどから正確な情報が送れなくなることがあります。

お客さんの注文がハンディなどでは入力されたのに厨房に届いていなかったり、
反対にレジには2重に計上されたりといったことが発生する恐れがあるんですね。

店舗運営を効率的に行うためにPOSレジを導入したのに、回線を共有して通信速度が
落ちると、反対に効率が悪くなったりトラブルの元になりかねないというわけです。

会計作業に時間がかかることも

店舗とPOSレジでインターネット回線を共有することで通信速度が落ちると、
会計作業にも影響がでてしまいます。

ハンディやテーブルトップオーダーからレジに送られたお客さんの注文情報の
呼び出しに時間がかかったり、POSレジからクラウド上に情報を送る際に
フリーズしてしまい会計作業ができなくなってしまったりするなどの恐れがあります。

何らかの方法でお客さんの注文した内容が分かれば電卓などを使って
会計作業を進めることもできますが、計算ミスが怖いですよね。

お客さんの注文した内容が分からなければ
POSレジのフリーズが解消されるまで待つしかありませんから、
会計を済まして退店するだけのお客さんを待たせることになります。

ランチタイムなど混雑する時間帯にフリーズが発生すると、大勢のお客さんに
迷惑をかけ、結果的にお店の評判を落としてしまうことにも繋がります。

お客さん用のWi-FiとPOSレジ用回線の共有でセキュリティー面に不安も

飲食店でお客さん用に提供しているWi-FiとPOSレジで使う回線が同じだと、
セキュリティー面でも不安です。

簡単に言うと、
お客さん用のWi-FiとPOSレジは同じ回線で繋がっていることになります。

そのためお客さん用のWi-Fiにスマホやノートパソコンなどを接続して、
そこからPOSレジに侵入することも可能というわけです。

Wi-Fiから回線を遡ってPOSレジに侵入するのには、
それなりのコンピューター関連の知識が必要ではあります。

しかし逆に言うとそれなりのコンピューター関連の知識があれば
POSレジに侵入できてしまうわけですから、お客さん用のWi-FiとPOSレジで回線を
共有しない方が良いんですね。

POSレジ用に別回線が用意できないなら「ギガらくWi-Fi」

店舗で使う回線とPOSレジ用回線を別にすると言っても、
光回線を2回線契約するのは簡単じゃないですよね。

これから開業するのであれば2回線契約しても良いですが、
すでに開業している場合にはPOSレジ用として新たに1回線開通させることになります。

回線を増やすための工事が必要ですし、
何より新しい回線が開通するまでに2週間から1か月は少なくともかかってしまいます。

その間、お客さんに不便を強いたままやセキュリティー面に不安を抱えたまま
お店を営業するというわけにもいかないですよね。

そこですでに店舗に光回線が開通しており、もう1回線増やすのが難しい場合には
NTTの「ギガらくWi-Fi」というサービスの利用をオススメします。

ちなみにギガらくWi-Fiは元々NTT東日本が行っているサービスでしたが、
現在ではNTT西日本でも利用できるようになっています。

ギガらくWi-Fiは簡単に言うと、
1つの光回線で2つのWi-Fiが使えるようになるサービスです。

2つのWi-Fiは完全に分かれており、一方のWi-Fiに接続した機器でもう一方の
Wi-Fiに接続した機器に侵入することはできなくなっています。

例えば、
ギガらくWi-Fiを使って1つの光回線でA・B2つのWi-Fiが使えるようになったとします。

Aを店舗やPOSレジで使う用、Bをお客さんに提供する用とすることで、Bに接続した
機器から回線を遡ってAに接続している機器に侵入することはできなくなるいうことです。

ギガらくWi-Fiは工事不要

ギガらくWi-Fiの導入は簡単で、NTTに申し込んだら初期設定が施された
「Wi-Fiアクセスポイント装置」が送られてきます。

あとはその装置の電源コードをコンセントへ繋ぎ、
LANケーブルでONUなりWi-Fiルーターに接続するだけでOK。

光回線を開通する時のような大掛かりな工事は不要ですし、
Wi-Fiルーターを設置する際のような面倒な初期設定も必要ありません。

なのであまり機械やコンピューターに強くないという人でも、
簡単に設置して使い始めることができるんですね。

料金も
 ・2年契約・・・月4,480円
 ・5年契約・・・月3,300円
と、もう1回線光回線を使うよりも安くなっています。

ギガらくWi-Fiのダッシュボード機能でマーケティングもできる

ギガらくWi-Fiでは、ダッシュボード機能というもの利用できるようになっています。

ダッシュボード機能は、お客さんが店舗のWi-Fiに接続することを利用して
 ・時間ごとの来店者数
 ・来店者ごとの滞在時間
 ・来店者ごとの来店回数
といったデータを集積することができます。

新規来店とリピーターの数もそれぞれ集計されるので、POSレジの情報と合わせて
分析することで高度なマーケティング作業もできるんですね。

飲食店などでPOSレジを導入するメリットって?

飲食店でもチェーン店なら、複数店舗の情報を一元管理できるので、
POSレジの導入は必須と言えます。

しかし1店舗しかない個人が経営しているような飲食店や雑貨店で、
わざわざPOSレジを導入する必要はあるんでしょうか?

店舗でPOSレジを導入するメリットとしてまず挙げられるのが「業務の効率化」です。

従来のレジだとその日1日の売上情報が全てレジの中に集積されるので、
閉店後に売上を計算する際にはまずレジ内の情報を呼び出さないといけません。

そのレジに集積された情報から何がどれだけ売れたかなどを計算し直し、
レジに残った現金と照らし合わせることで売上の計算ができます。

しかしPOSレジだと会計を行うたびに必要情報はクラウド上に集積されていくので、
何がどれだけ売れたかを計算し直す必要が無く、クラウド上の金額とレジに残った
現金を照らし合わせるだけで売上の計算ができてしまいます。

従来のレジだと計算結果とレジに残った現金が合わないと、計算からやり直さないと
いけませんが、POSレジならレジに残った現金の見直しだけでOKです。

レジに集積された売上情報を計算し直さなくて良いだけでも、
かなり業務の効率化が図れますよね。

売上データの収集と分析が可能

従来のレジだと売れた物と金額ぐらいの情報しか集積されませんが、POSレジだと
 ・売れた商品の種類と数
 ・売上金額
 ・支払方法(現金かクレジットカードか)
 ・品物の在庫
といった情報も集めることができます。

さらに
 ・年代
 ・性別
 ・来店人数
などの情報も組み合わせることができるので、
今後の経営戦略を練る際のマーケティングにもPOSレジは使えるんですね。

売れ筋を簡単に見極められるので、発注作業も効率的になりますし、
ムダな発注をしなくて済むので経費を削減することにも繋がりますよ。

レジの不正操作防止

従来のレジでは、従業員でなくてもキャッシュドロアを開けてレジの中から
現金を取り出すことができます。
(もちろん簡単じゃありませんが)

しかしPOSレジであれば、社員証など特定の「鍵」が無いとキャッシュドロアを
開けることができないように制御することも可能です。

従業員以外の第三者が店舗に忍び込んで、
勝手にレジを開けて現金を盗むなんてことはできないわけです。

また誰がいつレジを操作したかという記録も残りますから、
従業員が不必要にレジを開けることも防げます。

このようにPOSレジを導入することには様々なメリットがあるので、
飲食店などの店舗を開業する際にはぜひPOSレジの導入を検討してみてください。

-posレジの回線

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.