ひかり電話

飲食店の固定電話はひかり電話にすべき?

投稿日:

一般的には固定電話は「過去の遺物」となりつつありますが、
飲食店などの店舗ではまだまだ必要なインフラです。

とは言え、固定電話にかかる毎月の費用というのは気になるところですよね。

飲食店などの店舗で使う固定電話は、NTTのアナログ電話ではなく
光回線事業者が提供しているひかり電話の方が断然お得なんです。

ではひかり電話はアナログ電話に比べてどのぐらいお得なのか、さらにスマホ全盛の今
飲食店などの店舗で固定電話を使うメリットなどについて詳しく見ていきましょう。

ひかり電話の料金は月500円!?

「ひかり電話」は、
 ・フレッツ光
 ・auひかり
 ・NURO光
などの光回線事業者が、光回線のオプションとして提供しているサービスです。

光回線を使って音声通話を実現するので、
まず店舗に光回線が開通していないことにはひかり電話は使えません。

事業者によって料金は多少違いますが、ひかり電話だけの利用なら月500円の
基本料金プラス通話料で利用することができます。

光回線を開通するのに費用はかかりますが、
そのオプションであるひかり電話の設置には初期費用は発生しません。

NTTのアナログ電話の場合、
まず店舗に設置するのに36,000円の施設設置負担金を払うことになります。

「ライトプラン」で施設設置負担金無しで設置することもできますが、
ライトプランだと「電話加入権」が付かないので店舗移転時や光回線乗り換え時に
同じ電話番号が使えなくなる恐れがあります。

アナログ電話の事業者用プランだと、
月2,700円ほどの基本料金に通話料がプラスされます。

施設設置負担金は置いておくとしても、
毎月払う基本料金だけ比較しても2,000円以上もひかり電話の方が安いんですね。

ひかり電話は通話料も安い

ひかり電話は基本料金だけじゃなくて、通話料も安くなっています。

まずアナログ電話の通話料は
 ・市内・・・3分8.5円
 ・県内市外・・・3分20~40円
 ・県外・・・3分20~80円
 ・ドコモ、auスマホ・・・1分30円
 ・ソフトバンクスマホ・・・1分40円
となっています。(「県内市外」と「県外」は通話先との距離によって料金が変わる)

対してひかり電話の料金は全国一律3分8円で、スマホとの通話では
 ・ドコモスマホ・・・1分16円
 ・au、ソフトバンクスマホ・・・1分17.5円
です。(金額はフレッツ光のひかり電話)

市内に限っては大きな違いは無いものの、県外との通話になると
ひかり電話の通話料はアナログ電話の最大10分の1なんですね。

スマホとの通話は、ソフトバンクスマホ相手なら半額以下、
ドコモやauのスマホ相手でも40%ぐらいは通話料が安くなります。

基本料金だけでなく通話料もひかり電話の方が安いわけですから、
ひかり電話を使うことで飲食店などの店舗の経費削減に繋がりますよ。

ひかり電話には便利なオプションがセットになったプランも

フレッツ光のひかり電話には、
 ・ナンバーディスプレイ
 ・ナンバーリクエスト
 ・迷惑電話お断りサービス
 ・キャッチホン
 ・着信お知らせサービス
 ・ボイスワープ
といった6つのオプションがセットになったプランもあります。

絶対必要というわけでもありませんが、
 ・ナンバーディスプレイ
 ・ナンバーリクエスト
 ・迷惑電話お断りサービス
を付けておくと、勧誘などの店舗の経営には無駄な電話に出なくて済みます。

「キャッチホン」「着信お知らせサービス」「ボイスワープ」は、取引先や常連様からの
大事な電話を取り逃すことがなくなるので、できれば全て付けておきたいですよね。

アナログ電話でこれらのオプションを全て利用すると、
オプション料金だけで月2,700円もかかってしまいます。

基本料金と合わせると月5,000円以上払うことになりますが、
フレッツ光のひかり電話だとこれらのオプションがセットで月1,500円で利用できます。

オプション料金を含めて月4,000円ぐらい安くなるわけですから、アナログ電話より
ひかり電話がお得と言うよりも、ひかり電話を使わないと損と言っても良いですね。

代理店で光回線やひかり電話を申し込むことでお得な特典も

2019年10月の消費税増税に向けて、
日本政府はキャッシュレス決済の利用や導入を推し進めています。

また最近は外国人観光客の増加もあって、飲食店に限らず接客業では
キャッシュレス決済の導入が必須となってきているのも事実です。

光回線の代理店の中には、光回線やひかり電話と同時に申し込むことで
クレジットカード決済端末が初期費用・月額費用無料で導入できるサービスを
行っているところもあるんですね。
(クレジットカード決済手数料は発生する)

Webカメラが無料で設置できるサービスを行っているところもありますし、個人事業主や
SOHOでも法人扱いとなって高額なキャッシュバックが貰える場合もあります。

なのでこれから飲食店などの店舗を開業する場合には、こうしたサービスを
行っている代理店で光回線やひかり電話を申し込むとさらにお得ですよ。

ひかり電話のデメリット

アナログ電話に比べてひかり電話は基本料金も通話料も安くてお得なんですが、
アナログ電話より不便な点も無いことはありません。

ひかり電話のデメリットとしては、「開通に時間がかかる」ということが挙げられます。

店舗にすでに光回線が開通していれば、
申し込んでから1週間程度でひかり電話が使えるようになります。

ところが光回線が開通していない場合には、光回線を開通させるところからに
なりますから1か月以上かかってしまうこともあるんですね。

営業中の店舗でアナログ電話を使っているなら、
ひかり電話が使えるようになるまで多少時間がかかっても特に問題はありません。

しかし新たに飲食店などを開業するなら、
オープンまでにひかり電話が使えるようになっていないとさすがに問題ですよね。

ですからこれから飲食店などを開業する場合には、早めに申し込んで店舗オープンの
時点で光回線やひかり電話が確実に使えるようにしておきましょう。

もう1つひかり電話の大きなデメリットとして、
「停電時には使えない」ということがあります。

アナログ電話は電話線から給電されているので、
停電が発生した場合でも電話をかけたり受けたりすることはできます。
(ナンバーディスプレイなど電話機の機能が使えなくなることはある)

しかしひかり電話はコンセントから給電されているため、
停電が発生すると一切電話をかけたり受けたりすることができません。

短時間の停電ならスマホや携帯電話で代用できますが、
2018年の北海道で起こったような長期間に渡る大規模停電が発生すると、
ひかり電話では警察や消防などの緊急通報すらできなくなってしまいます。

飲食店などの店舗で固定電話を使う意味とは?

携帯電話が一般的に普及して久しいですが、プライベートでは固定電話よりも
スマホや携帯電話を使う機会の方が圧倒的に多いですよね。

外回り中心の営業マンなんかだと仕事でも、固定電話に電話をかけることはあっても、
固定電話で電話を受けることは少ないんじゃないでしょうか。

そんなスマホ・携帯電話全盛の時代ですから、
店舗の電話も固定電話ではなく携帯電話で済ませることもできないことはありません。

固定電話だと先にも書いたように、ナンバーディスプレイや着信拒否などは
別途料金を払ってオプションとして付けなければ利用することができません。

ところがスマホや携帯電話であれば、ナンバーディスプレイなんて標準機能ですし、
着信拒否も簡単に設定することができます。

また固定電話は転送サービスなどを使わないと
外出時には電話に出ることができませんが、スマホや携帯電話は持ち運べるので
外出時でもいつでも電話に出ることが可能です。

料金も格安SIMのスマホを使えば通話料込みで月2,000円ぐらいに収めることも
できますから、固定電話でアナログ電話を使うことを考えると安いですよね。

しかし固定電話でしか使えないものもあり、
その固定電話でしか使えないものが飲食店などの店舗では必要だったりもするんです。

スマホや携帯電話だと使えず、
固定電話でしか使えないものの1つとして「FAX」が挙げられます。

LINEやSNSが一般的となってメールすらあまり使われなくなった現在、
プライベートではFAXを使う機会はほとんど無いと思います。

ところが飲食店では、食材や飲み物などの発注でFAXが必要になることがあります。

最近はメールやインターネットで発注ができるようになってきたものの、
まだまだFAXでしか発注を受け付けていない業者も少なくありません。

また古くからやっているような卸業者だと特にそうですが、
固定電話を使っていないと契約してくれないこともあるんですよね。

食材や飲み物などを発注しないことには飲食店の経営はできませんから、
FAXが使えるというだけで店舗では固定電話を使った方が良いんですね。

固定電話番号の方がお客さんの信用度がアップする?

飲食店などの店舗に固定電話を使う理由として、
「お客さんに信用してもらいやすい」ということもあります。

別にスマホや携帯電話だとお客さんに信用してもらえないわけじゃありませんが、
自分が客として飲食店を探している時を想像すると分かります。

例えばカフェを探していて、1軒は市外局番から始まる固定電話番号、
もう1軒は「090」から始まる携帯電話番号だったとします。

人によって多少考えた方は違うかもしれませんが、やっぱり市外局番から始まる
固定電話番号のお店の方が何となく信用できそうな感じがしますよね。

特に一定以上の年齢層になると昨今の特殊詐欺の問題もあって、
携帯電話番号に対して警戒感を持っていることもあります。

なので若い人をターゲットにしたお店なら携帯電話番号でも良いかもしれませんが、
幅広い年齢層をターゲットにするならやっぱり固定電話番号を使いたいところですね。

キャッシュレス決済端末は固定電話が無くても使える

少し前までであれば、クレジットカードなどキャッシュレス決済の端末を利用するのに
固定電話回線が必要ということもありました。

現在でも固定電話回線に繋ぐキャッシュレス決済端末は普通に使われていますが、
固定電話回線が無くても使える端末も出てきています。

光回線などのインターネット回線に有線LANやWi-Fiで接続して使うものや、
スマホのLTE回線に繋いで使うキャッシュレス決済端末もあります。

先にも書いたように、外国人観光客の増加に伴って日本でもキャッシュレス決済を
利用する人の割合が大きくなることは間違いありません。

ただ飲食店などの店舗にキャッシュレス決済を導入するからと言って、
必ずしも固定電話回線が必要になるわけじゃないですよ。

-ひかり電話

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.