法人向けネット回線

フレッツ光の法人契約はキャンペーンがお得?

投稿日:

数万円のキャッシュバックが貰えたのは昔の話で、今や光回線やスマホを新規契約して
キャッシュバックやパソコンなどの機器が貰えることはほとんどありません。

しかしそれはあくまで「個人契約」の場合のことであり、「法人契約」だと
まだまだ高額なキャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われています。

特にNTTの「フレッツ光」では、光コラボレーションが開始されて以降は個人契約より
法人契約に重きを置いているようで、法人契約の特典が厚くなっています。

ではフレッツ光を法人契約することでどういったキャンペーン特典が貰えるのか、
さらに法人契約のキャンペーンを利用する際の注意点も合わせて見ていきましょう。

NTTではフレッツ光のキャンペーンは行っていない!?

NTT東日本・西日本では、法人契約・個人契約に関わらず、
キャッシュバックなどが貰えるキャンペーンは行われていません。

冒頭でフレッツ光は法人契約の特典が厚いと言ったのに、
NTTでキャンペーンが行われていないというのもおかしな話ですよね。

実はフレッツ光の申し込みでキャッシュバックなどが貰えるキャンペーンを
行っているのはNTTではなく、代理店です。

NTTからすると代わりにフレッツ光の宣伝・販売を行ってくれる、
申し込む側からすると面倒な申し込み手続きなどを代行してくれるのが「代理店」です。

フレッツ光に限らず、他の光回線や通信サービスでも公式よりも代理店の方が
豪華なキャンペーンを行っているということは珍しくないんですね。

単に代理店を通してNTTに申し込むだけで、
代理店で申し込んだからと言ってフレッツ光の通信品質が落ちることはありませんよ。

ですからお店や事務所を開業する際にフレッツ光に申し込むのであれば、
直接NTTよりも代理店を通した方が色んな特典が貰えてお得というわけです。

フレッツ光の法人向けキャンペーンを行っている代理店

フレッツ光の代理店全てで、
キャッシュバックなどが貰えるキャンペーンを行っているわけじゃありません。

法人向けのお得なキャンペーンを行っている代理店としては
 ・NEXT
 ・アウンカンパニー
 ・Moon&Sun
 ・ベストリンク
 ・エフプレイン
 ・ネットナビ
 ・シナジーパートナーズ
などです。

「NEXT」「アウンカンパニー」「Moon&Sun」の3社は、フレッツ光のみの申し込みでも
30,000円40,000円の高額キャッシュバックが貰えます。

「エフプレイン」のように、フレッツ光だけだとキャッシュバックは無いものの、
指定プロバイダの利用などの条件をクリアすることで
最大80,000円が貰えるところもあります。

より高額なキャッシュバックを貰うために、
要らないオプションを付けて料金が高くなるのでは意味がありません。

なのでインターネットが使えれば良いというのであれば、NEXTなどフレッツ光のみでも
キャッシュバックが貰える代理店で申し込むのが良いですね。

もしひかり電話などのオプションサービスの利用も考えているの場合は、
エフプレインのように条件付きで高額キャッシュバックが貰える代理店で申し込むのも
アリだと思います。

フレッツ光申し込みで貰えるのはキャッシュバックだけじゃない

先に紹介したフレッツ光の代理店で、法人向けキャンペーンの特典として貰えるのは
何もキャッシュバックだけではありません。

キャッシュバックの代わりに
 ・家庭用ゲーム機
 ・TV
 ・ノートパソコン
などを貰うこともできます。

例えばNEXTであれば、フレッツ光のみの申し込みでキャッシュバックだと30,000円
(西日本は40,000円)、ひかり電話を40,000円(西日本は45,000円)が貰えます。

しかしフレッツ光のみの申し込みで、キャッシュバックの代わりに
 ・PlayStation4(500GB)
 ・NintendoSwitch
 ・ノートパソコン(Lenovo、ASUS、hp、DELL)
のいずれかを貰うこともできるんです。

さらにひかり電話をプラスすると
 ・PlayStation4(500GB)+ソフト1本
 ・NintendoSwitch+ソフト1本
 ・ノートパソコン+無線LANルーター
 ・液晶TV(VIERA、32V型)
と、フレッツ光のみよりも特典内容がアップするとともに特典の選択肢も増えます。

お店や事務所で使う光回線を申し込んで家庭用ゲーム機を貰うというは少し違うような
気もしますが、ノートパソコンなら帳簿などの管理に使えるので良いかもしれません。

また従業員の休憩室や来客用にTV1台ぐらいあっても良いですし、
絶対必要というわけじゃないけどあると便利というものが貰えるのは嬉しいですね。

ただし家庭用ゲーム機やノートパソコン、液晶TVは探せば同じものを安く買うことも
できないことはありません。

なので場合によっては、家庭用ゲーム機やノートパソコンなどの方が
キャッシュバックよりも金額的に小さくなってしまう恐れもあります。

キャッシュバックなどの特典が貰える時期にも注意

フレッツ光の代理店が行っているキャンペーンでは、
キャッシュバックの金額など特典の内容に目が奪われがちです。

もちろんフレッツ光の申し込み先となる代理店を比較するのに、
「どのぐらいお得なのか」という情報は重要です。

しかしこうしたキャンペーンでは、
特典の内容とともに「特典が貰える時期」にも注目しておかないといけません。

キャッシュバックにしろ家庭用ゲーム機などの機器にしろ、フレッツ光を契約したら
すぐに特典が貰えると思っている場合も結構多いんじゃないでしょうか。

NEXTやアウンカンパニーなど比較的早い代理店でも、
実際にキャッシュバックなどの特典が受け取れるのは申し込みの2か月後です。

遅いところになると、フレッツ光を申し込んでから12か月経たないと特典が貰えない
代理店もあるんです。

さらに代理店によってはキャッシュバックなどの特典を貰うのに別途手続きが必要で、
期限を過ぎるなど手続きに不備があると特典を貰う権利を失ってしまったりもします。

フレッツ光の申し込みから特典を貰えるまでの期間が長く、
なおかつ別途手続きが必要となると特典を貰い損ねる危険性も高くなります。

なので代理店でフレッツ光を申し込む際には、特典内容だけなく、特典が貰える時期や
特典が貰うために別途手続きが必要かどうかもチェックしておいた方が良いですよ。

NTTが法人契約に重きを置いているのはなぜ?

フレッツ光の代理店が法人契約でキャッシュバックなどの豪華な特典が付けられるのは、
NTTが個人よりも法人の顧客を重視しているからなんだとか。

光コラボレーションが始まる以前は、
NTTは個人の顧客も法人と同じように重視していました。

ところがフレッツ光と同じNTTグループのサービスであるドコモスマホとのセット割を
始めようとしたところ、独占禁止法に抵触するなどといった理由から総務省に
認められなかったそうです。

それが光コラボレーションに繋がり、
ドコモ光やソフトバンク光などでスマホとのセット割が利用できるようになったんですね。

ところが、料金が安くてスマホとのセット割などお得なサービスもある
光コラボレーションに個人の顧客がフレッツ光から流れ出してしまいます。

そこでスマホとのセット割などのお得なサービスができないNTTとしては、
個人の顧客は光コラボレーションに任せて法人の顧客に重きを置くようになった
というわけです。

実際光コラボレーションが始まる以前NTTは代理店に対して、
個人・法人関係なくフレッツ光の契約1件に対して数万円(50,000円以上とも)の
販売奨励金を出していました。

ところが光コラボレーションが始まってからは、
法人の契約に対する販売奨励金はほぼ据え置きなのに
個人の契約に対する販売奨励金は大幅に減額(10,000円以下とも)されたそうです。

ですからフレッツ光の代理店では、個人契約よりも法人契約の方がより高額な
キャッシュバックやお得な特典が貰えたりするんですね。

お店や事務所に光コラボレーションはオススメできない?

ドコモやソフトバンクなどの各事業者が、NTTからフレッツ光の回線を借りる形で
行っている光回線サービスが「光コラボレーション」です。

独自の回線を持たずにNTTから借りているだけあって、
回線の維持などにかかるコストが少なくて済むため、
フレッツ光よりも安い料金でサービスを提供することができます。

なのでユーザー側からすると、
光コラボレーションなら同じフレッツ光回線がより安く使えるというメリットがあります。

ただ個人契約ならフレッツ光より光コラボレーションの方が良いかもしれませんが、
法人が使う光回線としてあえて光コラボレーションを選ぶメリットは無いと思います。

光回線を法人契約する際に光コラボレーションをオススメしない大きな理由は、
「トラブル時の対応」にあります。

先にも書いたように光コラボレーションの事業者は、NTTから回線を借りているだけで、
独自の回線は持っていません。

そのため
 ・通信速度が遅くなった
 ・インターネットに繋がらなくなった
などの回線に問題があると思われるトラブルが発生した場合には、
対応が遅れてしまうんです。

フレッツ光を利用していてトラブルが発生した場合はNTTに問い合わせれば
良いんですが、光コラボレーションでトラブルが発生した場合はまず契約している
光コラボレーション事業者に連絡します。

トラブルの連絡を受けた光コラボレーション事業者は回線を持っていないので
自社では対応できず、回線事業者であるNTTへと連絡を入れます。

なので光コラボレーションを使っていてトラブルが発生した場合でも、
そのトラブルに対応してくれるのはNTTということになります。

フレッツ光を使っていれば直接NTTに対応を依頼できますが、
光コラボレーションを使っているとNTTとの間に光コラボレーション事業者を挟むので
どうしても対応が遅れてしまうんですね。

個人契約と違って法人契約の場合、
インターネット回線のトラブルは売上など経営に直結することがあります。

そのため少しの対応の遅れが大きな損失を生み、
場合によっては損害賠償なんてことにまで発展しかねません。

ですからお店や事務所で使う光回線は光コラボレーションよりも、
自社で回線を持ち法人に対するサービス提供の実績もあるNTTのフレッツ光の方が
良いというわけです。

ただフレッツ光は光コラボレーションより若干料金が高いというのがネックで、
利用するプロバイダによっては月1,000円ほどの違いが出てしまいます。

いくら経費として計上できるとは言え、経営が軌道に乗るまでは少しでも経費を
抑えたいところですから光コラボレーションを選びたくなる気持ちも分かります。

しかし万が一のトラブルが発生した時のことを考えると、
少々料金は高くてもフレッツ光を選んだ方が良いと思いますよ。
(高い分は保険料だと思って)

-法人向けネット回線

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.