店舗のネット回線

店舗のインターネット回線は個人契約でも良い?

投稿日:

今やインターネットは「生活インフラ」と言っても良いぐらいになっており、
飲食店など一定時間滞在する場所ではWiFiが使えるかどうかが重要だったりします。

自分がお客さんとして行く場合を考えても、
同じ味同じ値段ならWiFiが使える方のお店を選んじゃいますよね。

自宅で使うインターネット回線は適当に決めても後々困るのは自分だけで済みますが、
店舗のインターネット回線を適当に決めると自分以外にも多くの人が困ることに
なってしまいます。

かと言って、初めて開業する場合には店舗のインターネット回線としてどれを選ぶのが
良いのかなんて想像もつきません。

そこで店舗で使うのにオススメなインターネット回線を紹介したいと思います。

また店舗で使うインターネット回線は法人契約が必要なのかどうかについても
説明するので参考にしてみてください。

店舗で使うインターネット回線は光回線が最適

インターネット回線には
 ・光回線
 ・ケーブルテレビ
 ・モバイル回線
などがありますが、店舗で使うのであれば光回線が最適です。

まず「ケーブルテレビ」は、
インターネットが使えるようになるととともにテレビで有料放送なども見ることができます。

有料放送がセットになっている分、
光回線やモバイル回線よりも毎月の料金が割高になってしまいます。

自宅兼店舗で、自宅で有料放送、お店でインターネットと使い分けるならともかく、
そうでないなら店舗のインターネット回線としてケーブルテレビを選ぶメリットは
ほとんど無いと思います。

次にモバイル回線ですが、
WiMAXやワイモバイルのモバイルルーターやSoftBankAirなどがこれに当たります。

モバイル回線は工事不要で導入が簡単というメリットはあるんですが、
通信速度や安定性と言った面で光回線には劣ってしまいます。

対応エリア内であっても、周辺の建物との位置関係などによって電波が
入りにくくなったり通信速度が遅くなったりすることもあります。

自宅なら窓際に端末を置くなど少々不格好でも電波が入りやすくなる工夫もできますが、
お客さんが来る店舗だと目立つ場所にモバイル回線の端末は置けないですよね。

そう考えると、安定した高速通信が使えて料金も比較的安い光回線が
店舗のインターネット回線としては最適ということになるわけです。

光回線の中ではフレッツ光がオススメ

個人向けとしては、料金の安い「光コラボレーション」や通信速度世界最速を自認する
「NURO光」などに押されていますが、店舗で使うインターネット回線としては
やっぱりNTTの「フレッツ光」がオススメです。

まず第一に、フレッツ光には日本全国ほぼどこでも使えるという大きなメリットがあります。

例えば「auひかり」の場合は、提携している電力会社系光回線と競合しないように、
中部や関西のエリアでは一部使えないようになっていたりします。

またNURO光も現状では関東・東海・関西のみですし、
電力会社系光回線は親会社である電力会社の管内でしか利用できません。

フレッツ光は日本全国で使えますから、
申し込む際に「対応エリアを確認する」というひと手間が省けるんですね。

フレッツ光はサポートも充実

自宅であれ店舗であれ、
インターネット回線を使っていて困るのは「トラブルの発生」ですよね。

インターネット利用に支障が出るほど通信速度が遅くなったり、
インターネットに繋がらないなんてことがいつ発生するか分かりません。

コンピューター関係に詳しくてある程度のトラブルは自分で何とかできるという人も
居るかもしれませんが、ほとんどの場合トラブルが発生すると回線事業者や
プロバイダのサポートに頼らざるをえません。

ネットの口コミでは、他の光回線に比べてフレッツ光はトラブル対応が早いという意見が
多く見られます。

例えば同じフレッツ光の回線を使う光コラボレーションでトラブルが発生した場合、
ユーザーはまず光コラボレーションの事業者に連絡します。

すると光コラボレーションの事業者がNTTに連絡して、
ようやくトラブルに対応してもらえることになります。

間に光コラボレーションの事業者を挟む分だけ遅れるので、
直接NTTに連絡ができるフレッツ光の方がトラブル対応は早いわけです。

同じフレッツ光回線を使うのでも光コラボレーションの方が料金が安いですから、
経費のことを考えると光コラボレーションを選びたくなる気持ちは分かります。

しかし万が一のトラブルが起こった場合のことを考えると、
迅速に対応してくれるフレッツ光の方が良いと思いますよ。

またフレッツ光を法人契約することで「24時間出張修理オプション」(月額3,000円)が
利用できます。

出張修理オプション自体は珍しくありませんが、
24時間いつでも対応してくれるというのは他の光回線にはなかなか無いサービスです。

フレッツ光はひかり電話がお得

店舗にはインターネット回線だけでなくて、当然電話回線も必要になりますよね。

NTTの固定電話でも良いですが、NTTの固定電話って開通するのにも
お金がかかりますし、毎月の料金もちょっと高めです。

電話加入権を取得する場合には1回線につき37,800円の施設設置負担金がかかり、
毎月の基本料金だけでも1回線当たり2,000円近く払うことになります。

ちなみに電話加入権があると、
店舗を移転する場合に移転先の固定電話で同じ電話番号が使えます。
(電話加入権が無いと固定電話での電話番号の引き継ぎは基本的にできない)

フレッツ光と同時に「ひかり電話」も申し込んでおけば、施設設置負担金は不要で、
毎月の基本料金も500円だけで済みます。

さらに電話とFAXを使いたいという場合は、月200円プラスするだけで2回線目が
使えますし、さらに100円プラスすると2つ目の電話番号も取得することができるんです。

フレッツ光のひかり電話では、NTTの固定電話の1回線分の料金の半分以下で
2回線2つの電話番号を使うことができるわけです。

フレッツ光でないと店舗を移転する際に困る?

将来的な話になりますが、経営が軌道に乗ってくるともっと条件の良い場所に
店舗を移転するといったことになるかもしれません。

飲食店の場合であれば、お客さんの定員数を増やすのにより敷地の広いところや、
郊外からより人通りの多い駅近に移転したりといった感じです。

前向きな場合ばかりではなく、現状利用しているテナントが何らかの理由で
使えなくなり移転せざるをえないといったことも考えられます。

実際私の知り合いは、店舗が入っている雑居ビルが老朽化で取り壊されることになって
移転せざるをえませんでした。

このように店舗を移転する際に、
フレッツ光以外の光回線を使っているとちょっと困ったことになりかねません。

先にも書いたようにフレッツ光以外の光回線は対応エリアが限られていますから、
例え県や市を跨ぐことが無くても、移転先で同じ光回線が使えないことがあります。

対応エリア内であっても建物最寄りの電柱まで光ケーブルが来ておらず、
開通工事ができないこともあるんですね。(レアケースだと思いますが)

店舗で使う光回線が変わると、プロバイダメールのアドレスが変わる可能性が
ありますし、光電話を使っている場合には電話番号が変わってしまいます。

電話番号が変わった場合には役所で「営業許可」の変更なども必要になりますし、
何よりお客さんや取引先に迷惑をかけてしまうことになります。

飲食店などお客さん相手の商売では極力電話番号は変えたくないですから、
移転先でも確実に使えるフレッツ光が良いということになるわけですね。

移転に伴って一旦解約したりせずに継続してフレッツ光を利用することで、
ひかり電話の電話番号も移転先に引き継ぐことができますよ。

店舗で使うインターネット回線は法人契約じゃないとダメ?

店舗のインターネット回線は個人で使うものじゃないんだから、
当然法人契約が必要と考えている人も多いかもしれませんね。

確かにフレッツ光には小規模な店舗や個人事業主を対象したプランもあるので、
法人契約すべきなのかなと思ってしまいます。

しかし、飲食店を1店舗だけ経営するとか個人事業主として
自宅を仕事場とするような場合には法人契約でなくても全く問題ないんです。

法人契約でも個人契約でも通信速度はほとんど同じですし、
小規模な事業者向けプランなら料金的にも個人向けプランと大きな違いはありません。

実際、1店舗だけ飲食店を経営するといった小規模な事業者では、インターネット回線を
法人契約ではなく個人契約にしている場合も少ないないみたいですよ。

店舗のインターネット回線を個人契約するメリット

店舗で使うインターネット回線を法人契約ではなく個人契約にするメリットとして、
1つは申し込み手続きが簡単ということが挙げられます。

個人契約だと
 ・申込者の本人確認書類
 ・クレジットカードまたはキャッシュカードか通帳
があればインターネット回線の申し込みができてしまいます。

料金の支払方法を口座振替にする場合には、
キャッシュカードか通帳に加えて金融機関の届出印も必要です。

本人確認書類と言っても
 ・運転免許証
 ・パスポート
 ・マイナンバーカード(顔写真付き)
 ・保険証(補助書類が必要な場合あり)
などですから、すぐに用意できます。

一方法人契約だと
 ・申し込みを行う人の本人確認書類
 ・社員証や名刺などの申し込みを行う人の在籍確認書類
 ・法人印(丸印・角印どちらでも可)
 ・料金支払いに使うクレジットカード又はキャッシュカードか通帳
 ・法人確認書類
などがインターネット回線の申し込みに必要となります。

特に法人確認書類は
 ・登記簿謄(抄)本
 ・現在(履歴)事項証明書
 ・法人印の印鑑登録証明書
 ・開業届
などで、原本の提出を求められることも多いですから、
役所に取りに行かないといけません。

申し込みに必要な書類が少なく、
しかもすぐに用意できるので個人契約の方が申し込み手続きが簡単なんですね。

個人契約の方がインターネット回線の料金が安い

小規模な事業者向けプランであれば、
料金は個人契約の場合とそれほど大きな違いは無いと先に書きました。

しかし個人契約だと何かと割引を受けられることもあるので、
結果的に個人契約の方が料金が安くなる可能性が高いんですね。

個人契約の場合、新規申込特典の割引などを色々利用することで、
上手く行けば月1,000円ぐらい料金が安くなることもあります。

法人契約だと新規申込特典の割引などがほとんどありませんから、「定価」は
ほとんど同じでも割引の有無で法人契約の方が料金が高くなってしまうわけです。

規模に関係無く事業者にとって「経費削減」は最優先課題ですから、
少しでも通信費を抑えたいなら法人契約じゃなくて個人契約にした方が良いんですね。

ただし通信費は固定費ですから、
それが月によって大きく変動すると会計処理が面倒になることもあります。

そうした面倒ごとを増やしたくないのであれば、
少々料金が高くなっても法人契約にした方が良いかもしれませんね。

店舗のインターネット回線を個人契約にするデメリット

店舗で使うインターネット回線を個人契約にするデメリットとしては、
1つに「領収書」の問題が挙げられます。

インターネット回線を個人契約にした場合、正式な形の領収書が発行されません。

クレジットカードや通帳の支払い履歴で、回線事業者やプロバイダに
インターネット回線の利用料金を支払っていることを証明することになります。

店舗で使うインターネット回線の料金は当然経費ですから、
経費として計上するのに正式な領収書が無いのは少し不便です。

また領収書を発行してもらえたとしても、個人契約ですから、
当然領収書の名義は個人名となってしまいます。

個人宛の領収書を店舗の経費として計上するのは、これまた面倒な話です。

法人契約であれば、
屋号や事業者名宛の正式な領収書を発行してもらうことができます。

なので会計処理を考えると、
事業者宛の領収書が貰える法人契約の方が良いんですね。

ただし個人契約でも、事前に店舗で使うことを伝えておけば、
屋号や事業者宛の領収書を発行してもらうことは可能です。

キャッシュバックは法人契約の方が多い

自宅用店舗用に関係無く、
どうせインターネット回線を申し込むのであればお得な方が良いに決まっていますよね。

先に書いたように料金が安いこともそうですし、特典としてキャッシュバックが
貰えるかどうかも申し込み先を決める大きな要素となりえます。

個人契約でも法人契約でもキャッシュバックが貰える可能性はあるんですが、
法人契約の方がより多く貰える可能性が高いんです。

個人契約の場合、多いところでも35,000円ぐらいで、
20,000円前後も貰えれば多い方と言って良いと思います。

しかし法人契約になると、有料オプションへの加入など多少条件は付くものの、
最大60,000円70,000円のキャッシュバックが貰えることもあります。

これだけキャッシュバック金額が違うと、
やっぱりより多く貰える可能性がある法人契約に心動かされてしまいますね。

それ以外にも、法人契約だと「固定IPアドレス」が標準的に使えるのに対して、
個人契約だと固定IPアドレスの利用は有料ということもあります。

ただ自社でホームページを作成したり、
複数店舗でネットワークを構築するなどといったことでもない限り、
固定IPアドレスが標準的に使えることは大きなメリットにはならないと思います。

-店舗のネット回線

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.