飲食店開業

飲食店でインターネットを利用して集客力アップするには?

投稿日:

飲食店を経営していて頭を悩ませるのが
「より多くのお客さんにお店へ足を運んでもらうか」ってことです。

宣伝広告費がいくらでも使えるなら有名人を使ってCMを作ることもできますが、
個人で経営しているような飲食店ではそんなこともできません。

そこで多額の費用をかけなくても大きな集客効果が得られるとして
注目を集めているのが、インターネットを使った集客方法です。

ではインターネットを使った効果的な集客方法とはどういったものなのか、
詳しく見ていきましょう。

お金をかけずに効果的に集客

飲食店がインターネットを使って集客すると言うと、お店のホームページを作ったり、
「食べログ」などのグルメサイトに登録するといったことをイメージすると思います。

確かにこれらも集客には大きな効果があるんですが、
ある程度専門的な知識が無いとホームページなんて簡単に作れないんですよね。

グルメサイトへの登録にしても、無料会員だと扱いが小さくて、
利用者の目がなかなか止まってくれません。

そんなに手間もお金もかけなくても、
インターネットを使って効果的に集客する方法があるんです。

まず1つ目は「Googleマイビジネス」というサービスを利用する方法です。

パソコンやスマホで「カフェ (地名)」などとGoogle検索すると、
検索した地名の地図上にお店の情報が表示されますよね。

「○○が見られる水族館」とか「○○な料理」といった直接的なワードで
検索できるというGoogleのTVCMを見たことがあると思いますが、アレです。

Googleマイビジネスに登録しておくことで、お店の位置情報とともに
 ・電話番号
 ・営業時間
 ・定休日
 ・内装やメニューの写真
などを掲載することができます。

Google+とも連動しているので、実際に来店したお客さんに「評価」してもらうことも
できますし、それに返答することでコミュニケーションをとることも可能なんですね。

Googleというポピュラーな検索サイトに情報が掲載できるにも関わらず、
Googleマイビジネスは基本的に無料で利用できます。

位置情報だけよりも詳細な情報が掲載されている方が、検索する側からすると
「行ってみよう」という気になりやすく、掲載順位の上昇にも繋がります。

最近はGoogleなどの検索サイトでお店を探す人が増えており、
これからはグルメサイトよりもこうした検索結果の方が集客効果が高くなるとも
言われているそうですよ。

SNSを活用して集客アップ

誰でも手軽に利用することができるインターネットツールと言えば「SNS」ですが、
これもお金をかけずに効果的に集客するツールとなります。

現状主要なSNSは
 ・Twitter
 ・Facebook
 ・Instagram
で、一番少ないInstagramでも国内で1600万人以上の利用者がいるそうです。
(Twitterに至っては4000万人以上)

SNSを使っているのは若い人だけというイメージも強いかもしれませんが、
Facebookは40代以上でも使っている人は結構多いんです。

Facebookの年代別の利用者の割合を見ると、
50代60代でも30%前後の人が使っているんですね。

若い人向けならTwitter、少し年齢層が高い人向けならFacebook、
若い女性をターゲットにするならInstagramといったように
お店のターゲット層によってSNSを使い分けると良いんじゃないでしょうか。

逆に、若い女性がターゲット層なのにFacebookを使ったり、
年齢層高めの人向けなのにInstagramを使ったりするのはあまり効果的じゃありません。

SNSでは単にお店の宣伝をするのではなく、
「今日のオススメ」みたいな感じで1日1品写真付きでメニューを紹介したり、
店内の様子が分かる動画なんかをアップするのが効果的みたいですよ。

SNSを活用するなら若いアルバイト店員に協力してもらう

最近は「飲食店」「若いアルバイト店員」「SNS」というと悪いイメージしかないかも
しれませんが、若い人の方がSNSに精通しているのは間違いありません。

ですからSNSを活用して集客アップを図るのであれば、
お店で雇っている若いアルバイト店員も強力な「宣伝部員」となります。

また子供の頃からインターネットが身近にある今の若い人は、
インターネットで情報を発することにも受け取ることにも慣れ親しんでいます。

普段飲食店を探すときにどういう風にしているかを若いアルバイト店員に
教えてもらうことで、SNSやインターネット検索で効率的に検索してもらえる方法が
見つかるかもしれません。

若いアルバイト店員にSNSでお店の情報を拡散してもらうだけでなく、
情報を受け取る側に好印象を与える写真の使い方や文章の書き方なんかを
教えてもらうのも良いと思いますよ。

無料ブログサービスで集客するには?

SNSが普及する前は「ブログ」が一般の人が情報を発信する主なツールと
なっていました。

現在でも有名人などブログを書いている人は多く、
 ・アメブロ
 ・FC2
 ・はてなブログ
 ・LiveDoorブログ
など無料で利用できるブログサービスも少なくありません。

有料のブログであればお店や商品の宣伝、通販もできるんですが、
無料のブログだと特定のサービスや商品の宣伝はできないようになっています。

なので無料のブログは飲食店の集客アップツールとしては使えない、と思われがちです。

確かにお店の宣伝はできませんが、
無料のブログを飲食店の集客アップに繋げることはできます。

自分のお店で取り扱っているサービスや商品に関連した「お役立ち情報」を、
無料のブログで発信するんです。

例えばカフェであれば
 ・インスタントコーヒーの美味しい淹れ方
 ・コーヒーを使ったアレンジレシピ
 ・コーヒーに合う料理やお菓子
といった情報を定期的に発信していくわけです。

こうした情報を発信し続けることで、
カフェに興味は無くてもコーヒーに興味のある人もブログを定期的に見に来てくれます。

それが続くと最終的には「お店にも行ってみよう」ということになり、
無料のブログが集客アップに繋がるわけなんですね。

ブログサービスのルール上問題無いのであれば、
お店のホームページやSNSへのリンクを貼りつけておくとより効果的ですよ。

LINE@でリピート率アップ

飲食店にとっては新規のお客さんももちろんありがたいんですが、
一度来たお客さんにもう一度来店してもらうというのも結構重要なんですよね。

お客さんのリピート率をアップさせるツールとして最近注目されているのが
「LINE@」というサービスです。

メッセージアプリとして広く使われている「LINE」のサービスの1つで、
お店や会社でLINEの商用アカウントが無料で取得できます。

LINEの商用アカウントと言えば「LINE公式アカウント」ですが、
こちらは月200万円以上の利用料が必要です。

個人で経営する飲食店で月200万円以上の宣伝広告費が使えることなんて、
まず無いですよね。

公式アカウントに比べるとできることは限られますが、
無料のLINE@でも友達登録してくれたユーザーに対して
 ・メッセージ一斉送信
 ・タイムライン投稿
 ・クーポン配布
を1か月につき1000通まで送ることができます。

LINE@は友達登録してもらわないことにはメッセージが送れませんから、各テーブルや
レジ横などにQRコードを掲示するなど登録してもらうための工夫が必要ですよ。

あまり頻繁にメッセージを送ると「ウザい」と思われてブロックされてしまう恐れも
ありますし、かと言ってあまり送らないとお店の存在を忘れられてしまいます。

なので月2~3通程度、クーポン配布などお客さんにとって本当にお得だったり
役立つような情報だけを送るようにしましょう。

無料のブログと併用する場合には、
ブログとLINE@で内容が被らないようにすることも重要ですよ。

SNSなど無料サービスでは集客効果は見込めない?

SNSや無料のブログなどは、誰でも簡単に使えますし、個人で経営する飲食店に
とってはお金をかけずに宣伝できるというありがたい面もあります。

しかしその反面、
SNSやブログの投稿内容が検索上位に表示されることってそうそうないんですよね。

なのでSNSや無料のブログなどの利用を集客アップに直結させるのも、
簡単じゃないということになります。

投稿の内容だけでなく検索に引っ掛かりやすいようにタイトルを工夫したり、
SNSなら「ハッシュタグ」を工夫するといったことが必要です。

この辺りでも、お店の「宣伝部員」である若いアルバイト店員に協力してもらった方が
良いかもしれないですね。

有料のグルメサイトに登録する

飲食店をGoogleなどで検索する人が増えているとは言え、
「飲食店探しはグルメサイト」という人もまだまだ多いです。

なのでお店の集客力をアップさせるのに、
有料のグルメサイトへの登録というのは有効な手段の1つです。

ただグルメサイトならどれでも良いというわけではなく、
SNSと同じでお店のターゲット層によって適したグルメサイトが変わってきます。

現状主なグルメサイトとしては
 ・ぐるなび
 ・食べログ
 ・ヒトサラ
 ・ホットペッパーグルメ
 ・Retty
などといったところです。

もっとも多い「食べログ」の利用者は7500万人以上で、
サイトの閲覧回数に至っては10億回をはるかに超えています。

「ぐるなび」は、忘年会・新年会・歓送迎会などの幹事さんが利用する傾向で、
団体客向けあるいは30~40代の男性向けといった色合いが強いようです。

「ホットペッパーグルメ」は20代の若い女性の利用者が多く、それ以外のグルメサイトは
利用者の年齢層は色分けされていないみたいですね。

一番利用者が多く、利用者の年齢層が偏っていないということを考えると、
食べログを利用するのが無難といったところでしょうか。

グルメサイトへの登録にはデメリットも

より多くの人の目に触れやすいという点では、
グルメサイトはSNSやブログよりもお店の集客力アップへの効果は高いと思います。

ただグルメサイトは有料広告が優先ですから、
集客力アップを見込むのであればお金を払って広告を載せてもらわないといけません。

無料だとお店の紹介ページも簡素なものになってしまいますし、
検索した時に上位に表示されないんですね。

またこうしたグルメサイトでの評価がお店の評価に直結するので、
少数の悪意あるユーザーによって不当にお店の評価を貶められる恐れもあります。

実際、業者を雇って自分のお店のグルメサイトでの評価を上げたりライバル店の評価を
下げたりといった不正が過去には問題になったりしています。

まずは手軽なSNSから

これから飲食店を始めるあるいは飲食店を始めたばっかりだと、
宣伝・広告に力を入れる余裕なんてなかなか無いですよね。

ですからいきなりあれもこれもと手を出すのではなく、
簡単で使い慣れているSNSから宣伝していくのが良いと思います。

若いアルバイト店員の力も借りながら地道にSNSで宣伝をし、
ある程度お客さんが増えてきたら、
さらに客層を広げるためにホームページの立ち上げたりブログを開設します。

ホームページやブログとSNSを連動させてアクセス数を稼ぎ、Googleなどの
検索サイトやSNSでの検索結果の上位に表示されることを目指しましょう。

そしてある程度お店の知名度が上がったところで、グルメサイトに登録して集客力を
安定させるというような段階の踏み方が良いんじゃないでしょうか。

インターネットを利用して集客力をアップさせるには、
実際にインターネットやSNSを使っている人の意見は貴重です。

なのでインターネットやSNSの活用を意識した、
アルバイトなどお店のスタッフ募集を心がけても良いかもしれませんね。

-飲食店開業

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.