ネット回線の知識

GE-PON-ONUとは?普通のONUとの違いについて解説

投稿日:

自宅などに光回線を開通させると「ONU」という機器が室内に設置されます。

ただONUと一口に言ってもいくつか種類があり、最近は「GE-PON-ONU」という
種類のものが一般的には設置されることが多くなっています。

ではGE-PON-ONUは一体どういうタイプのONUなのか?
これまでのONUと比べて何が違うのか?などを詳しく見てみましょう。

「ONU」は光信号をデジタル信号に変換する機器

GE-PON-ONUの説明の前に、
光回線の終端装置である「ONU」について簡単に見ておきます。

ONUが何なのか分かっていないと、
いきなりGE-PON-ONUの説明をしても全く理解できないので。

自宅なりお店なりに光回線を開通させる際には工事を行いますが、
その工事の最後の作業として室内にONUが設置されます。

ONUは簡単に言うと、「光信号」を「デジタル信号」に、
「デジタル信号」を「光信号」に変えるための機器です。

光回線では基地局とお店が光ファイバーケーブルで繋がっていますが、
この光ファイバーケーブルは光信号を使って情報をやり取りしています。

ところがパソコンやスマホ、タブレットなどの通信機器はデジタル信号しか
読み取ることができず、光信号の情報を読み取ることはできないんですね。

ですから光ファイバーケーブルを通じてきた光信号の情報をONUでデジタル信号に
変換して、パソコンなどの通信機器でも読み取れるようにしています。

逆に光ファイバーケーブルが読み取れるのは光信号だけですから、
パソコンなどから発せられたデジタル信号の情報を読み取ることができません。

パソコンなどから発せられたデジタル信号をONUで光信号に変換することで、
光回線を使ってインターネットの世界と繋がることができるというわけです。

分かりやすく言うと、共通言語を持たない光ファイバーケーブルとパソコンなどの
通信機器の間を取り持つ「通訳」みたいな役割を果たすのがONUなんですね。

「モデム」と「ONU」は何が違う?

光回線で自宅やお店に設置されている機器のことを、
ONUではなく「モデム」だと認識している人も多いんじゃないでしょうか。

実際、光回線の終端装置のことをモデムと説明しているインターネットのサイトも
少なくありません。

厳密に言うと、モデムとONUは同じような役割を持っているものの全くの別物です。

ONUは先にも書いたように、
光信号とデジタル信号を相互に変換する機能を持っています。

それに対してモデムは、
アナログ信号とデジタル信号を相互する変換する機能を持った機器なんですね。

光回線の前にインターネット回線として一般的に広く使われていたのが「ADSL」で、
このADSLはアナログ電話回線を使います。

アナログ電話回線を通ってきたアナログ信号の情報をパソコンなどで読み込めるように
デジタル信号に変換する、あるいはパソコンなどから発せられた情報を
アナログ電話回線に通せるようにアナログ信号に変換するのがモデムの役割です。

ADSLの終端装置でアナログ信号とデジタル信号を相互に変換するのがモデム、
光回線の終端装置で光信号とデジタル信号を相互に変換するのがONUです。

ただONUよりもモデムの方が聞き馴染みがあるので、分かりやすくするために
あえてONUのことをモデムと表現しているインターネットサイトも多くなっています。

GE-PON-ONUは高速通信対応のONU

GE-PON-ONUは通常のONUと同じで、
光信号とデジタル信号を相互に変換する機能を持っています。

ではGE-PON-ONUと通常のONUでは何が違うのかと言うと、
「高速通信に対応しているかどうか」ということです。

GE-PON-ONU以前に使われていた「B-PON-ONU」は、
IPv4接続の最大通信速度100Mbpsまでしか対応していませんでした。

しかしGE-PON-ONUでは、IPv4接続はもちろん、
IPv6接続の1Gbpsにも対応しています。

フレッツ光もしくは光コラボレーションで、通信速度が最大1Gbpsのサービスを
利用している場合はGE-PON-ONUが設置されているはずです。

フレッツ光では、マンションなどの集合住宅だと現状でも最大100Mbpsのサービスしか
使えない場合もありますが、一戸建てだと基本的に最大1Gbpsとなっています。

なのでこれから一戸建てにフレッツ光を開通させる場合には、
終端装置はGE-PON-ONUが設置される可能性が高いですね。

GE-PON-ONUにはWiFiルーターとしての機能は無い

自宅に開通した光回線を有線接続で使おうと考えている人は少ないと思います。

オンラインゲームやオンライントレードなどで特に通信の安定性を求めるならともかく、
普通にインターネットを使うのであれば光回線をWiFi化するのが一般的です。

有線接続だとパソコンなど限られた通信機器しかインターネットに繋ぐことが
できませんが、WiFi化すればスマホにタブレット、ゲーム機など色々な機器を
インターネットに繋ぐことができます。

ただ勘違いしている人も居るかもしれませんが、
光回線が開通してGE-PON-ONUが設置されるだけではWiFiは使えないんです。

GE-PON-ONUは光信号とデジタル信号を相互に変換する機能を持っているだけで、
WiFiルーターのしての機能は持ち合わせていません。

GE-PON-ONUだけだとLANケーブルを使った有線接続をしなければならず、
同時に何台もの機器を接続することは無理です。

お店でWiFiを使えるようにしたい場合には、NTTが設置してくれる
GE-PON-ONUとは別に市販のWiFiルーターを準備しないといけません。

飲食店で使うなら業務用のWiFiルーター

自宅で使うのであれば、自宅の間取りに合ったWiFi出力を持つWiFiルーターを
選ぶだけで問題ありません。

しかし飲食店でお客さんに提供するとなると、
WiFi出力だけでなく機器の「同時接続数」も気にする必要があります。

同時接続数と言うのは、
WiFiルーターに同時に接続できるパソコンやスマホなどの通信機器の数のことです。

自宅で使うWiFiルーターの場合は、テレビやゲーム機などインターネット接続できる
機器が増えているとは言え10~20台ぐらい同時に接続できれば十分です。

実際通販サイトなどで確認してみると、一般的なWiFiルーターの同時接続数は
10~20台程度で、多いものでも30~40台ほどとなっています。

飲食店の場合はお店の規模にもよりますが、POSレジやバックヤードのパソコンなども
接続しないといけないので、同時接続数が40台でも十分じゃなかったりします。

WiFiルーターにも業務用があり、同時接続数が100台以上は当たり前で、
多いものだと400台近く同時に接続できます。

同時接続数いっぱいまで接続すると、極端に通信速度が遅くなってしまうことがあります。

ですからお客さんに快適にWiFiを使ってもらうのであれば、
お店の定員より多めの同時接続数のWiFiルーターを選んだ方が良いですよ。

ただし同時接続数が多い分価格も高くなるので、
自宅で使うWiFiルーターよりも費用がかかってしまうのが少し痛いですね。

ホームゲートウェイならWiFi接続も可能

お店でフレッツ光だけでなく光電話も使う場合には、
ONUと一体型になったホームゲートウェイが設置されます。

以前は光回線の終端装置であるONUと光電話の機器であるホームゲートウェイを
別で設置することもありました。

しかし最近は、光回線と光電話を一緒に使う場合には、
ONUとホームゲートウェイが一体型になったものを設置するのが一般的です。

ONUと一体型になったホームゲートウェイでは、
無線LANカードというものを使うことで、別途WiFiルーターを用意しなくても
光回線をWiFi化することができるようになっています。
(無線LANカード利用には別途料金が必要)

なので光回線だけでなく光電話も利用する場合には、
ONU一体型のホームゲートウェイだけでもWiFiを使えるようにすることができます。

ただONU一体型のホームゲートウェイでは、
WiFiに同時接続できる機器の数が30台ほどです。

自宅で使うのであればこれで十分ですが、
飲食店などでお客さん用に提供するWiFi環境としては少し心許ないかもしれません。

同時接続数が30台だとすると、快適にインターネットを使うためには
同時に接続する機器数は10~15台程度に抑える必要があります。

定員が10人以下のお店なら、ONU一体型のホームゲートウェイで
無線LANカードを使ってWiFi化するだけで対応できるかもしれません。

しかし定員が15人20人だと、お店が満員になるとWiFiが繋がりにくくなったり
通信速度が遅くなったりする恐れがあるので、ONU一体型のホームゲートウェイとは
別にWiFiルーターを用意した方が良いんですね。

GE-PON-ONUが故障したら?

GE-PON-ONUに限らず、基本的に光回線の終端装置であるONUは
光回線事業者からレンタルすることになります。

なのでGE-PON-ONUの場合は、フレッツ光の回線事業者である
NTT東日本・西日本から借りることになるんですね。

レンタルですから、通常使用の範囲内における故障や不具合がGE-PON-ONUに
発生した場合には無料で交換してもらうことができます。

GE-PON-ONUの故障や不具合が落下や水濡れなどユーザーの過失による場合でも、
交換はしてもらえますが費用がかかってしまいます。

過失による交換にかかる費用はNTTの公式サイトにもハッキリ記載されていませんが、
ネットの口コミによるとスタッフの出張費に7,000円程度、
機器代と併せて20,000円ほどかかることもあるようです。

新しい機器を送ってもらって自分でGE-PON-ONUを交換することも可能で、スタッフの
出張費がかからない分、過失による交換でも多少費用を抑えることができます。

ただし自分でGE-PON-ONUを交換する場合は、初期設定も自分で行うことになります。

マニュアルがあるとは言うものの、コンピューターに詳しくない人にとっては
GE-PON-ONUの初期設定は高いハードルとなりかねません。

またフリマサイトやオークションサイトにもGE-PON-ONUが出品されていることがあり、
5,000円前後で購入できます。

GE-PON-ONUの交換費用を抑えるにはフリマサイトなどを利用するのも良いんですが、
中古品やいわゆるジャンク品が送られてくるといったトラブルに巻き込まれるリスクも
あります。

光回線の種類によってGE-PON-ONUの機種も違いますし、
初期設定も自分で行わないといけませんから、
GE-PON-ONUをフリマサイトなどで調達するのはあまりオススメできないですね。

多少費用がかかったとしても、正規のルートで交換してもらった方が良いと思いますよ。

-ネット回線の知識

Copyright© 店舗開業で失敗しないために。 , 2019 All Rights Reserved.